MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

エアペイとスクエアを徹底比較。実際に徹底的に検証してみた結果。

実際に現場を回っているとオーナー様から、現在他の決済代行会社で使用中のお店で、AirペイSquareがどっちがいいの?というお声を高い確率で聞かれます。

正直なところ、2023年3月迄はSquareの方がJCBの手数料に関しては高く、Squareからすると少し不利な展開が続いておりましたが、2023年4月以降はJCBの改定にもよりAirペイとSquareの手数料自体はあまり変わらなくなりました。

今回はAirペイとSquareで正直悩んでいるお店の方に向けて解説していきます。

各項目AirペイSquare
端末種類1種類4種類
決済手数料3.24%3.25%
月額料金0円0円
振込手数料0円0円
入金サイクル最大6回最短翌日
決済方法の種類1種類5種類
端末保証の期間6ヶ月1年間
サポート体制9:30~23:0010:30~18:00
審査期間最短3日最短当日15分
目次

Airペイ(エアペイ)とSquare(スクエア)の決済端末 比較

Airペイ(エアペイ)決済端末の詳細

本体の種類         詳細
■製品名 Airペイカードリーダー
■本体価格 20,167円→0円
■用意する物 iPadまたはiPhone(Android不可)
■レシートプリンター※必要な方は別途購入
引用元:Airペイ

Airペイ(エアペイ)の特長

ここで分かる点として、Airペイの決済方法としてカードリーダー型の決済方法となりタブレットorスマホと連携をし決済するモデルとなります。カードリーダー本体は1種類のみ。

  • お店の方で本体が選べない
  • Androidの端末が対応不可。

本体自体は1種類のために決済端末を選ぶことはできませんが、現時点で0円スタートキャンペーンを実施中しており、20,167円の本体が0円で手に入る状況です。

カードリーダー型の特長として、レシート機能はございません。レシートが必要な方は手書きで領収書を渡しているか、レシートの代わり明細をメールで送信することが可能となります。ただしレシート(紙明細)が必要なお店の方は、レシートプリンターを購入する必要がございます。

Square(スクエア)決済端末の詳細

本体の種類         詳細
■製品名 Squareリーダー
■本体価格 4,980円
■用意する物 スマホorタブレット(ios.Android対応)
■レシートプリンター※必要な方は別途購入
■製品名 Squareターミナル
■本体価格 39,980円
■用意する物 不要
■レシートプリンター 本体に内蔵
■製品名 Square Tap to Pay
■本体価格 0円
■用意する物 スマホ(Androidのみ対応)
■レシートプリンター※必要な方は別途購入
■製品名 Squareスタンド
■本体価格 29,980円
■用意する物 iPad
■レシートプリンター※必要な方は別途購入
引用元:Square

Square(スクエア)の特長

ここで分かる点して、Squareの決済方法としては、カードリーダー型の決済方法やオールイワン型の決済端末など、いろんなタイプがあり、Squareで提供している決済端末が現時点で4種類ということで、お店側で本体が選べることが可能となります。

  • 4種類の決済端末がありお店で選べる
  • ios.Androidに対応(※Squareリーダーの場合)

1番人気のSquareリーダーに関しては、Airペイ同様レシート機能はございません。

対処方法としては、ショートメールやメール等で電子レシートの送信が可能となっております。ほとんどのお店の方が、電子レシートで対応しておりますが、レシート(紙明細)をご希望のお店の方は、レシートプリンターを購入する必要がございます。

ただしレシート(紙明細)がどうしても必要というお店の方で、レシートプリンターを購入するのであれば、Squareターミナルをおすすめします。

理由として、レシートプリンター自体が4万前後かかります。Squareターミナル(39,800円)であればプリンター内蔵型の決済端末機なので、タブレット等は不要となり1台で全てが完結します。

まとめ(決済端末)

Airペイは決済端末は1種類。注意点としてはAndroid端末が不可のため、iPadまたはiPhoneを必ずご用意する必要がございます。

逆にSquareは、決済端末は4種類。Squareリーダーの場合、ios.Androidに対応しております。

決済端末の導入費用に関しては、Square Tap to Payを除いて考えると、Airペイの決済端末が無料に対してSquareは最低でも4,980円はかかります。

導入費用を掛けずにお申し込みたいというお店の方は、Airペイ一択となります。

\0円キャンペーン実施中/
Airペイ公式サイト
\決済端末がお店で選べる/
Square公式サイト

取り扱えるブランドと決済手数料 比較

Airペイ(エアペイ)手数料 消費税

決済方法取扱いブランド手数料
クレジットカード3.24%
QRコード決済3.24%
Coin+→1.08%
電子マネー
3.24%
※各ブランド消費税込み

Airペイ(エアペイ)の特長

Airペイのクレジットカード・QRコード決済・電子マネーの取り扱いブランド数が現時点68種類と非常に多いのが強みとなります。決済手数料に関しては、モバイルタイプの決済端末の中では、業界最安値の手数料となります。

Square(スクエア)手数料 消費税

決済方法取扱いブランド手数料
クレジットカード3.25%
QRコード決済3.25%
電子マネー
3.25%
電子マネー3.75%
※各ブランド消費税込み

Square(スクエア)の特長

Squareの特長は、QRコード決済の取り扱いが現時点ではPayPayのみとなります。Airペイと比べて、QRコード決済の種類が少ないのが難点となります。ただ、QRコード決済のブランドの中では、PayPayの利用率が圧倒的に高いため、PayPayのみで十分という意見もございます。

まとめ(取り扱えるブランドと決済手数料 )

決済手数料に関しては、クレジットカード・QRコード決済・電子マネー(iD除く)が実質0.01%Airペイの方がお安くなっている状況です。

決済額差額
50万50円
100万100円
150万150円
200万200円
※AirペイとSquareの手数料比較(クレジットカードで決済した場合)

例えば、クレジットカードの決済額が1ヵ月に100万の場合、AirペイとSquareを比べた場合、Airペイの方が100円お得になるというイメージです。決済売上げが50万以下の場合ですと、数50円の差になりますので、この差額が高く感じるかは人それぞれかと思います。

\審査結果は最短15分/
Square公式サイト

逆に、QRコード決済の種類が多い方がいいという方は、Airペイ一択となります。

\扱えるブランドは68種類/
Airペイ公式サイト

月額料金・入金サイクル・振込手数料 比較

スクロールできます
項目Airペイ(エアペイ)Square(スクエア)
月額料金0円0円
振込手数料0円0円
入金サイクル最大6回最短翌日入金

キャッシュレス決済導入後にかかる費用に関して【月額費用】【振込手数料】は非常に重要な検討材料になりますが、AirペイSquare共に無料となっております。

差が出るのは、【入金サイクル】になってきます。Airペイも最大6回の入金サイクルと他の決済代行会社と比べても非常に多い方ではありますが、それを上回るのがSquare売上金を最短翌日入金を採用しており、実際に使用しているお店の方からは非常に好評となっている部分となっております。

\最大6回の入金サイクル/
Airペイ公式サイト
\最短翌日入金を採用/
Square公式サイト

AirペイとSquareの入金サイクルの詳細に関しては、別記事でご紹介しておりますので是非参考にしてみて下さい。

決済手段について

スクロールできます
決済方法Airペイ(エアペイ)Square(スクエア)
対面決済
継続課金(サブスク)×
ECサイト決済×
請求書決済×
ブラウザ決済×

決済方法だけで比較をすると、上記の通りSquareの方が圧倒的に有利な状況となります。

Squareはあらゆる決済機能を取り扱っているのが特徴です。そのために幅広い業種の方に対応できるのが強みとなり、今は対面決済のみで十分だけど、今後ECサイトで商品の販売も検討しているというお店の方は、間違いなくSquare一択となります。

\あらゆる決済をご検討の方/
Square公式サイト
\対面決済のみをご検討の方/
Airペイ公式サイト

今後ECサイトで商品の販売も検討しているというお店の方は、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

決済端末の保証期間について

決済代行会社保証期間
Airペイ6ヶ月
Square1年

決済端末の本体の保証期間に関しては、Airペイは6ヶ月なのに対してSquareは1年間となり、本体の保証期間に関しては、Squareが有利な状況となります。

\保証期間は1年間/
Square公式サイト
\保証期間は6ヶ月/
Airペイ公式サイト

サポート体制について

スクロールできます
項目Airペイ(エアペイ)Square(スクエア)
問い合わせ方法電話・メール・チャット電話・メール
対応時間9:30~23:0010:00~18:00
休業日年中無休年末年始
(別途臨時休業あり)

サポート体制を比較すると、Squareが18時までに対して、Airペイは23時まで対応している点で有利な状況です。トラブル等は頻繁に起こることではないことですが、何かあった際でも23時までしているとお店側からすると非常に安心です。

\23時までのサポート体制/
Airペイ公式サイト
\18時までのサポート体制/
Square公式サイト

各社のお問い合わせ方法の詳細に関しては、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

各社の審査期間 どちらが早く導入できる?

どこの決済代行会社でもそうですが、各ブランドによっては審査期間は変わります。お店で頻繁に使用がされますVISA・Mastercardにつきましては比較的に速く審査自体が完了します。

AirペイSquare
Visa・Mastercard(R)・UnionPay(銀聯)VISA・Mastercard・American Expressカード
最短3日最短当日15分
※混雑状況によっても変わります。
AirペイSquare
JCB・American Express・Diners Club・DiscoverJCB・Diners Club・Discover
20日前後5日前後
※申し込み時期や混雑状況によっても変わります。

審査自体は、上記のブランドAirペイよりもSquareの方が圧倒的に速く審査が完了致します。JCBの審査は通常1ヵ月程かかるのが通常ですが、Squareに関しては圧倒的に審査が早い印象を受けます。

ただし、審査自体が完了しても決済端末が届かなければ意味がございません。目安としては、審査通過後2~4日で届きます。

早くお店に導入をご検討されているお店の方は、間違いなくSquare一択です。

\審査結果は最短当日15分/
Square公式サイト
\審査結果は最短3日/
Airペイ公式サイト

審査通過後、各社の決済端末の接続方法操作方法につきましては、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

審査で有利なのは?

審査で有利なのはSquareです。

Squareの特長は、少しでもたくさんのお店の方にご利用していただきたいという観点から審査自体をゆるくしている印象です。

ただし、気をつけないといけない点が審査自体がゆるい分、理不尽な使い方をすると一発で取引停止(アカウントが停止)する場合があります。※もちろん普通に使用しているお店の方には一切関係のないお話ですのでご安心して下さい。

個人的に良いなと感じるのは、Squareでは審査を開始するのにアカウントを作成(無料)しなければなりません。

その際のアカウント作成時の際に提出書類等もございませんので、最短5分で手続きが完了する点が高評価です。(※場合によっては提出を求められるケースもあり)必要書類を揃える時間がないお店の方はSquare一択です。

\アカウント作成最短5分/
Square公式サイト
\審査結果は最短3日/
Airペイ公式サイト

各社の審査については、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

エアペイ スクエア 併用は可能?

ここまで冒頭でもお伝えしてきましたが、AirペイSquare正直どちらの決済代行会社も非常におすすめですが、Airペイには良い面もあり、気になる点もございます。Squareも良い面もあれば、気になる点もございます。

どちらを利用するかを悩んでいるお店の方も非常に多いかと思いますが、実際に現場を回っておりますと、数年前までは、1つの決済代行会社で使用しているお店が主流でしたが、ここ最近、決済代行会社の数も増え、各社どちらも取り入れて、上手く使い分けをされているお店をよく見かけます。

併用でのメリットになる点としては

決済端末の故障が生じても、すぐに対応ができる

各社の良い部分を上手く使い分けができる

本体自体の故障など頻繁に起こることではございませんが、もし決済端末が故障した場合、数日間はお客様に対応ができません。実際にそういった場面も見てきております。そういった場面を防ぐにも、併用も検討材料になるのではないでしょうか。

AirペイSquareの相性が非常に良く、ここ最近併用として取り入れているお店の方が多い理由として、共に月額費用がかからない決済代行会社なのでリスクがない点かと思います。

\月額費用0円・振込手数料0円・最大6日入金サイクル/
Airペイ公式サイト
\月額費用0円・振込手数料0円・最短翌日入金/
Square公式サイト

まとめ

今回は上記の部分で、AirペイSquareの比較をしましたが、今までは決済手数料で決めるお店の方が多かったのに対して、2023年4月以降、手数料自体にあまり差がないようになったため、決済手数料以外の項目で決めるお店の方が増えてきております。

Airペイの特長

  • Android端末の対応不可
  • 68種類のあらゆるブランドに対応
  • 決済手数料一律3.24%
  • 導入費用0円
  • 月額費用0円
  • 振込手数料0円
  • 売上金が最大6回の入金
  • 23時までのサポート体制
  • 審査結果が最短3日
  • 違約金なし
  • 決済端末の保証は6ヶ月

Squareの特長

  • ios.Androidどちらも対応(※Squareリーダーの場合)
  • 決済端末の本体が選べる
  • 決済手数料3.25%~
  • 導入費用4,980円~
  • 月額費用0円
  • 振込手数料0円
  • 売上金が最短翌日入金
  • 豊富な決済方法の取り扱い
  • 審査結果が最短当日15分
  • 違約金なし
  • 決済端末の保証は1年間

各社の特長をまとめてみました。上記の項目を自分のお店と照らし合わせて、お店に合った決済代行会社をこの機会に選んでみてはいかがでしょうか。

\月額費用0円・振込手数料0円・最大6日入金サイクル・違約金なし/
Airペイ公式サイト

Squareの本体自体に少なからず費用が発生する為に、費用をかけて導入するのは少し不安がある。というお店の方のために今現在、Squareでは30日間の返品保証を実施中です。実際に本体を購入しお店の方で使用したけれども、操作方法が難しく、購入前との相違があったということであれば、開封後でも返品を受け付けてくれますので、その場合は是非利用しましょう。(※公式サイトからの購入に限ります)

\月額費用0円・振込手数料0円・最短翌日入金・違約金なし/
Square公式サイト

現時点でのAirペイSquareのキャンペーン情報に関しては、別記事でご紹介していますので是非参考にして見てください。

目次