MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

Square(スクエア)のオンライン決済について分かりやすく徹底解説!

オンラインでの販売を検討中

どうしてですか?

お店が定休日の時でも24時間インターネットで販売ができれる環境を整えておけば売上げも上がるかも

いいですね!実店舗の販売だけではなく、インターネットで販売する仕組みをお店側で整えておけば。

ただオンライン販売の仕組みが分からくて

よく小売店の方が、お店での対面だけの販売だけではなく、インターネットを利用して販売をしていきたいというご質問も多々受けます。

ネットショップ(ECサイト)を立ち上げるとなると費用とかが心配というお声もよく聞きます。

Squareでは、オンライン決済も取り扱っているので、今回はオンライン決済について解説をしていきます。

現時点でのSquareのキャンペーン情報に関しては、別記事でご紹介していますので是非参考にして見てください。

目次

Square(スクエア)オンライン決済の詳細について

Squareオンライン決済は、パソコンが苦手な方でも、簡単にネットショップを立ち上げることが可能です。

Squareでのオンライン決済には4種類の決済方法がございます。プランによっては有料のものもございますがSquareの場合、どのプランにでも無料コースがあるため、ほとんどの方が初期費用・月額費用が無料のコースで始められております。

  • オンラインチェックアウト(決済用のリンクが発行できる)
  • オンラインビジネス(本格的なオンライン販売が可能)
  • 請求書決済(オンラインで決済ができ請求書も送付)
  • ブラウザ決済(コンピューターでクレジットカード決済が可能)

上記の決済方法は、公式サイトからSquareアカウントを作成すればご利用ができます。

\アカウント作成はこちら/
Square公式サイト

Squareオンラインチェックアウトとは

Squareオンラインチェックアウトは、まずは気軽に商品を販売をしていきたいという方には最適です。

Squareオンラインチェックアウトでのイメージとして、既にホームページ・ブログ・インスタグラム等をお持ちで、決済リンクを埋め込むだけの簡単な決済方法。

こういう方には向いています

  • まずは、気軽にオンライン決済を始めたい方
  • 販売する商品数が少ない方
  • オンライン販売を一刻も早く始めたい方
  • ネットショップの構築まではしたくない方

既にあるホームページ・ブログ・メール・SNS等に決済用のリンクを埋め込むので、現在いているフォロワー様に商品を販売するので、非常に簡単に始められます。

Squareオンラインチェックアウト決済手数料

初期費用無料
月額費用無料
3.60%
※税込み

Squareオンラインチェックアウトに関しては、初期費用や月額費用に関しては無料となり、決済手数料のみがかかります。

Squareオンラインビジネスとは

Squareオンラインビジネスは、Squareオンラインチェックアウトとは逆に、プランによっては月額費用が有料にはなりますが、商品数も多く本格的にネットショップをこの機会に構築したいお店には最適です。

※パソコンが苦手な方でも、簡単にネットショップを立ち上げることが可能です。

こういう方に向いています

  • 本格的にネットショップで商品を販売をしていきたい方
  • 商品数が多い方
  • 飲食店でのテイクアウトやデリバリーにも対応したい

Squareオンラインビジネスでのメリットとして、

初期費用がかからない

実店舗と連動しているため商品の在庫がリアルタイムに同期がされる

InstagramやFacebook等の連携

特にインスタグラムをしている方やFacebookをしている方であれば、Squareオンラインビジネスであれば、連携機能が整っているため、フォロワーに対して、商品を認知させて購入につながる場合もあるため、非常にいい機能が付いております。

Squareオンラインビジネス決済手数料

スクロールできます
項目フリープラスプレミアム
初期費用0円0円0円
月額費用0円3,375円9,180円
3.6%3.6%3.3%
※年間一括払いとなります。

各プランによって使用できる項目が違います。詳細については、下記公式サイトで確認をお願いします。

\各プランの詳細/
Square公式サイト

Square請求書決済とは

Square請求書とは、メールで請求書を発行する機能が備わっております。オンライン上でお客様に請求書をメールで送信し発行します。(クラウド決済)

  • 特定の顧客に向けての決済方法
  • お客様ごとに作成する請求書(カスタマイズ可能)

Square請求書定期請求書とは、お客様ごとに金額が違う場合でもカスタマイズが可能となるため、お客様ごとに請求書を作成することができるのが特徴です。

お店側は、お店で使用しているパソコン・タブレット・スマートフォンから請求書を送付することができ、お客様の【メールアドレス】【請求金額】を入力するだけ送付ができます。

その請求書を受けとったお客様は、クレジットカード情報を入力すれば終了です。

お店の方で、請求書の送付や入金の確認・回収漏れ、手間やコストを削減したいならSquare請求書決済が最適です。

こういう方に向いています

  • 簡単に請求書を発行したい方
  • 請求書ごとに金額を変更したい

Square請求書決済手数料

項目無料ププラン請求書プラス
月額費用0円3,000円
3.25%
※自動継続課金の場合は、3.75%
3.25%
※自動継続課金の場合は、3.75%
※税込み

Square請求書決済に関しては、プランが2種類ございます。通常の決済手数料は3.25%ですが、お店のメニュー等で月謝がある場合(ジム等)自動継続課金(サブスク)の場合は少し高めの済手数料は3.75%となります。

各プランによって使用できる項目が違います。詳細については、下記公式サイトで確認をお願いします。

\各プランの詳細/
Square公式サイト

Squareブラウザ決済とは

Squareブラウザ決済は、お電話で注文を受けその場で決済を済ませたい場合に最適です。イメージとしては、テレビの通販番組等でしている決済方法です。

電話口でお客様のカード情報をヒアリングし、カード情報を入力するだけで決済が完了します。

こういう方に向向いています

  • 電話口で注文を確定させたいお店

Squareブラウザ決済手数料

初期費用無料
月額費用無料
3.75%
※税込み

Squareブラウザ決済に関しては、初期費用や月額費用に関しては無料となり、決済手数料のみがかかります。

スクエアで決済ができない場合

もし決済が承認されない場合は、Squareサポートに問い合わせるかこちらで確認をお願いします。

電話番号0120-117-042
受付時間10:00~18:00
※(土日・祝日も営業。年末年始・臨時休業日除く)

Square(スクエア)入金サイクルについて

各銀行入金回数
三井住友銀行・みずほ銀行最短翌日入金
その他銀行月4回入金

三井住友銀行・みずほ銀行お持ちであれば、最短翌日入金となり、本日販売できたものが、明日銀行口座に入金となり、お店側からすると、非常にありがたいシステムです。

その他の銀行の紐づけでも毎月4回の入金となるため、1週間に1度銀行口座に入金されるというイメージです。毎週水曜日締めの毎週金曜日入金となります。

Square(スクエア)振込手数料について

各銀行振込手数料
三井住友銀行・みずほ銀行0円
その他銀行0円

Squareの振込手数料はどの銀行に紐付けをされても振込手数料が0円というのは、こちらも非常にありがたいシステムとなります。

例えば最短翌日入金であれば、毎月30日毎日入金されるとなれば振込手数料が仮に220円だったとした場合6,600円はかかりますが、それが0円というのはヤバいです。

Squareオンライン決済【動画編】

まとめ

Squareのオンライン決済はお店に合った決済方法が多数ご用意されております。

プランに関しては初期費用、月額費用が無料で始められます。費用がかかるのは各ブランドの決済手数料のみとなります。(一部プランを除く)個人的な意見として、まずは無料プランで始めることをおすすめします。ほとんどの方は無料プランを利用されているのが実情です。

よくお客様から、オンライン決済の手数料は、今より高くなるんだね。というご質問もございますが、実店舗の決済手数料と比べて少し手数料が高めに設定されておりますが、ここの部分に関しては、通常の対面決済と比べてオンライン決済はセキュリティのリスクが非常に高く、不正のリスクを抑えるためにコストがかかるので仕方がないかと思います。

そのかわり入金サイクルの多さや振込手数料が0円ということも考えると非常に導入しやすい環境かとは思います。

オンライン販売を検討しているのであれば、この機会にまずは気軽に初期費用0円・月額費用0円・契約期間の縛り等もございませんので、まずは気軽に始めてみてはいかがでしょうか。

オンライン販売を利用するには、公式サイトからSquareアカウント作成が必要です。アカウント作成はサクッと登録ができ作成費も無料なのでおすすめします。

\アカウント作成はこちら/
Square公式サイト

実店舗での決済方法は別の記事でご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

目次