MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

Square(スクエア)で審査が落ちた場合の対処方法。実際に個人事業主には厳しい?

実際にSquareをご検討しているお店の方でよく、Squareの審査は厳しいの?と疑問を持たれるお店の方もおられます。

キャッシュレス決済を導入したいんだけど、以前に違う会社で審査が落ちてしまって・・・スクエアも審査が厳しいの?

審査自体は、比較的通過しやすい傾向にはありますが、気をつけなければいけない点もございます。

気をつけなければいけない点?

では、今回はその点について解説していきますね。

目次

Square(スクエア)個人事業主でも審査は通過する?

Squareは個人事業主でも審査は通過するの?というご質問も多々いただきますが、逆に個人事業主の方にはSquareがおすすめです。

個人事業主であっても審査自体は、他の決済代行会社と比べても審査は通過しやすい傾向にはあります。

通常であれば、審査の為に必要書類を準備をし、決済代行会社に提出後に各ブランドの審査が開始という流れとなります。

ですが、Squareであれば審査書類の提出もなく受付が可能となり各ブランドの審査自体が自動で開始されますので、個人事業主のお店の方がSquareは向いております。

※ごく稀に審査の途中で書類等を求められる場合もございます。その際はメールが届きますので、その際は対応が必要です。

Square(スクエア)の審査がなぜ通過しやすい?

①審査に必要な提出書類が不要

冒頭でもございましたが通常であれば、どこの決済代行会社でも審査を開始するのに、お店側で必ず下記の項目の審査書類を準備しなければいけません。審査書類を提出後に各ブランドの審査が開始されます。

  • 営業許可書
  • 本人確認書類
  • 店内、店外写真・メニュー表(HPがある方は不要)
  • 登記簿謄本(法人の場合のみ)

ただし、Squareに関しては、下記の項目だけで審査が開始されます。

  • メールアドレスorパスワード
  • 個人情報or法人情報
  • 代表者情報
  • 口座情報

上記の入力のみで受付が終了し審査が開始され、ほとんどのお店の方の場合、提出書類が不要。上記の項目で審査を開始するので審査通過しやすい傾向になる。

※ごく稀に審査の途中で書類等を求められる場合もございます。その際はメールがくるのでしっかりとした対応が必要です。

キャッシュレス決済を導入するにあたり、手続き自体に時間は取られたくないので、サクッと終わらせたいお店の方は、Squareが間違いなく最適です。

スクエアの流れ簡単3ステップ
\アカウント作成後・審査結果は最短15分/
Square公式サイト

②特定継続的役務提供の受付が可能

Squareでは、特定継続的役務提供の受付も一定の条件を満たせば受付が可能となり幅広い業種に人気がございます。

特定継続的役務提供とは、

前払い料金・高額なコースや、回数券など、数か月にわたって施術していくもの。

こういったメニューはトラブルになりやすい傾向もあるために、大半の決済代行会社では受付自体がNGで、受付がOKな所でも、審査が通過しない場合が多いです。

現時点では、エステティック、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相手紹介サービス、パソコン教室の7業種は役務とされており、審査に通過しにくい業種といわれております。

ただしSquareでは、下記のチャートのように一定の条件を満たせば、特定継続的役務提供の受付も可能となりますので、幅広い業種にもしっかりと対応しております。

引用元:Square
引用元:Square
引用元:Square

特定継続的役務提供の詳細につきましては、別記事で詳しくご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

③実店舗が無くても受付可能

通常、実店舗がなく催事(イベント)のみでご利用する場合も審査が通過しにくい傾向にありますが、Squareでは受付可能となっており、審査自体も通過しやすい傾向にあります。

もしイベント等でキャッシュレス決済を利用する場合は、実際に実店舗がないので、ご自宅をご住所として登録しておけばOKです。

\アカウント作成後・審査結果は最短15分/
Square公式サイト

Square(スクエア)審査期間について

各ブランド審査期間 目安
最短当日15分
5日前後
※あくまでも目安となり混雑状況にもよります。

審査期間は、最短当日15分と記載がございますが、全てのブランドが当日に審査が終了するという訳ではなく、各ブランドによって審査期間が変わります。各ブランドの大まかな日数は下記となります。

引用元:Square

残りのブランドに関しては、1ヵ月前後かかる場合もございます。

Square(スクエア)決済の審査はなぜ早い?

審査に必要な提出書類が不要

冒頭でもございましたが、Squareではアカウント作成(約5分)をすれば、基本は審査書類等が不必要。そのためスピーディーに審査自体が開始されます。

※ごく稀に審査の途中で書類等を求められる場合もございます。その際はメールがくるので、お店側でしっかりとした対応が必要となります。

各決済ブランドの審査が早い理由

通常であれば

  • 営業許可書
  • 本人確認書類
  • 店内、店外写真・メニュー表(HPがある方は不要)
  • 登記簿謄本(法人の場合のみ)

上記の項目を決済代行会社に提出をし審査が開始されます。

他の決済代行会社の特長は、申し込み前の審査は提出書類を細かくチェックをするために、時間がどうしてもかかるのが普通です。

Squareの審査日数が速いの理由として、Squareでは少しでも多くの方に利用していただきたいという概念から、審査自体は早く終了し、その後のご利用してからお店の利用状況を細かくチェックしている傾向にあります。

Square(スクエア)ログインできない アカウント停止とは?

度々、Squareの申し込み自体は、審査書類の提出もなく登録のみで審査が通過するとお伝えしましたが、その反面気をつけないといけな事例もございます。

以前、突然Squareをご利用中のお店で使用できなくなった、というお店も少なからず実際に現場で見てきております。その時は、飲食店(ナイト店)でした。

Squareの場合、他の決済代行会社と比べても審査自体も緩く、かなり導入がしやすい決済代行会社ですが、その反面、利用規約に違反すると、一瞬で取引停止(アカウント)を停止される可能性もございます。

※ほとんどのお店の方が問題なくSquareをご利用しておりますので、その点はご安心ください。

Squareの利用規約に関しては気になる方はこちらで確認ができます。

Square(スクエア)と他社と併用パターン

上記でも触れましたが、利用規約に違反をしてアカウント停止になってしまうと、お店の方で当分キャッシュレス決済ができず、お客様も困ります。

そういった場面を回避するためにもSquareは他社との併用も可能なので、もし心配なお店の方は、併用をすることをおすすめします。

その際は月額費用がかからない決済代行会社を選ぶといいでしょう。

月額費用がかからない決済代行会社

Square(スクエア)キャンペーン情報について

現時点でのSquareのキャンペーン情報に関しては、別記事でご紹介していますので、是非参考にして見てください。

まとめ

今回は、Squareの個人事業主には審査は厳しい?ということでしたが、個人事業主でも審査自体は通過しやすい傾向にあります。

Squareの特長は、他の決済代行会社と比べて、審査自体は比較的に緩い傾向にはありますが、その分ご利用後のチェックは細かくされているということ。審査自体が緩く、ご利用後も緩ければ、ある意味ここの決済代行会社は大丈夫なのかな?という感じです。

もし、自分達のお店が利用規約に違反しているかどうかが気になる方は、Squareに確認をしてみるのもいいでしょう。

申し込み作業自体は公式サイトからのアカウント作成後すぐに審査が開始されますので、早くお店に導入をしたいというお店の方は間違いなくSquare一択となります。

Squareの本体自体に少なからず費用が発生する為に、費用をかけて導入するのは少し不安がある。というお店の方のために今現在、Squareでは30日間の返品保証を実施中です。実際に本体を購入しお店の方で使用したけれども、操作方法が難しく、購入前との相違があったということであれば、開封後でも返品を受け付けてくれますので、その場合は是非利用しましょう。(※公式サイトからの購入に限ります)

\アカウント作成後・審査結果は最短15分/
Square公式サイト

Squareの申し込みの流れについては別記事でご紹介しておりますので参考にしてみてください。

Square(スクエア)で審査が落ちた場合の対処方法

Squareは他の決済代行会社と比べても比較的に審査自体が通過しやすい傾向ではありますが、全ての人がもちろん通過する訳ではございません。

Squareの審査で通過しなかったというお店の方は、一度アルファノートで申し込みしてみてはいかがでしょうか。非常に審査自体に強い決済代行会社となります。

アルファノートの詳細は別記事でご紹介しておりますので、是非参考にしてみてください。

目次