MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

Square(スクエア)の決済手数料は実際に高い?について徹底解説

Squareの決済手数料は実際に高いの?という疑問を持つ方がおられます。

Squareの場合、他の決済代行会社とは違い、あらゆる決済手段があり、その決済手段によって手数料が変わります。

この数年のニュースとして、

  • IDの決済手数料が引き下げを実施(2024年度)
  • JCBの決済手数料の引き下げを実施(2023年度)
  • QUICPayの引き下げを実施(2023年度)

今回は、その点についても回答させていただきます。

\月額費用0円・振込手数料0円 /
Spuare公式サイト
目次

Square(スクエア)決済手数料について

他の決済代行会社であれば、通常お店での対面決済のみのところ、Squareでは、そのお店に合った、あらゆる決済方法があり、その決済方法によって手数料が変わります。

  • お店での対面決済(都度決済)
  • 自動課金決済(月謝等)
  • オンライン決済
  • 請求書決済

Square(スクエア)お店での対面決済(都度決済)

対面決済とは、よくお店で見かける王道の決済手段でありますが、お客様がお店にご来店orお店の方がお客様の方へ訪問(宅配など)。決済端末を通じて決済する決済手段となります。

対応可能ブランド手数料
3.25%
3.25%
325%

以前まではIDの決済手数料が3.75%でしたが、2024年4月3日以降、3.25%に引き下げを実地したことによりの手数料一律3.25%となります。

Square(スクエア) サブスク決済の手数料

対面決済での都度決済とは違い、Squareでは、自動継続課金という決済方法があり、塾・ジム・エステ等で月謝払い(サブスク)をご利用する方に向けて決済方法となります。

事前にクレジットカードを登録することによって、自動的に毎月引き落としがされるため、お店の方も管理が非常にしやすくなるのが特徴です。お店の方で(月謝・サブスク)等のメニューのご用意があるお店の方に向いております。

対応可能ブランド手数料
3.6%
※電子マネー・QRコード決済はご利用不可

自動継続課金(サブスク)の特長は、メニューの価格など変動のない不特定多数を対象にした方に向けたサービスとなります。

Square(スクエア)請求書決済の手数料

Square請求書というのは、決まった相手に向けた機能です。細かな設定が可能なため、取引ごとに金額が変わる場合に適しています。

対応可能ブランド手数料
3.75%
※電子マネー・QRコード決済はご利用不可

自動課金決済(サブスク)と比べて機能がすぐれているため、0.15%上乗せとなっております。

Square(スクエア)オンライン決済の手数料

物販等をネットでオンライン販売がしたいお店の方に向けた決済方法。

対応可能ブランド手数料
3.60%
※電子マネー・QRコード決済はご利用不可

対面決済と比べて手数料自体は、0.35%上がりますが、物販等の業種の方には、非常に心強い決済方法です。対面決済とオンライン決済との併用するお店も非常に増えてきております。

Square(スクエア)JCBの手数料の引き下げについて

各決済ブランド2023年4月27日迄2023年4月28日以降
3.25%3.25%
3.95%3.25%
3.75%3.25%

今回、Squareが下記のブランドの手数料の引き下げを行いました。

  • JCB 【3.95%→3.25%】実質0.7%の引き下げ
  • QUICPay 【3.75%→3.25%】実質0.5%の引き下げ

今までのSquareの弱点が、JCBの手数料が他の決済代行会社と比べても高く設定をされておりましたが、2023年4月28日以降、JCBの改定にもより、

3.95%→3.25%に引き下げを実施

を行ったことで、実質0.7%の引き下げとなり、Squareの申し込みが非常にしやすい環境となりました。

では、実際にどれくらいの差がでるのかを見ていきましょう。

スクロールできます
JCBカード売上3.25%3.95%差額
50万16,250円19,750円△3,500円
100万32,500円39,500円△7,000円
200万65,000円79,000円△14,000円
300万97,500円118,500円△21,000円
400万130,000円158,000円△28,000円
500万162,500円197,500円△35,000円
1000万325,000円395,000円△70,000円
※JCBのみの売上げによる場合

上記を見ての通り0.7%の引き下げは非常にお店側からすると助かる部分ではあります。

今までであれば、入金サイクルが早いのでSquareを本当は使いたいんだけど、JCBの手数料が今より上がってしまうのは、非常に厳しいとのお声をよく現場で聞いておりましたが、今回の引き下げによってSquareに切り替えるというお店も多々おられました。

\最短翌日入金の決済代行会社 /
Spuare公式サイト

Square(スクエア)他社とのクレジットカードの手数料比較

今回の比較に関しては、月額費用がかからない決済代行会社のみでの比較をしております。

スクロールできます
各決済ブランドSquare(スクエア)Airペイ(エアペイ)STORES(ストアーズ)
3.25%3.24%3.24%

AirペイとSTORESが同率の3.24%。に対してSquareは3.25%。Squareの方が0.01%という高いという結果となっております。では、3.25%と3.24%でどれくらいの差額がでるのかをみていきましょう。

スクロールできます
毎月カード売上AirペイSTORESSquare差額
50万16,200円16,200円16,250円△50円
100万32,400円32,400円32,500円△100円
200万64,800円64,800円65,000円△200円
300万97,200円97,200円97,500円△300円
400万129,600円129,600円130,000円△400円
500万162,000円162,000円162,500円△500円
1000万324,000円324,000円325,000円△1,000円
クレジットカード売上のみ場合

上記の差額が高いと感じるか、変わらないと感じるかは、お店にもよりますが、Squareではその分、毎回の振込手数料が無料入金サイクルも最短翌日入金という強みがございます。

クレジットカードの決済手数料で決めるならAirペイSTORESがおすすめです。

クレジットカードの決済手数料が0.01%は気にはならない。それよりも入金サイクルや振込手数料を優先するというお店の方は間違いなくSquare一択となります

\最短翌日入金の決済代行会社 /
Spuare公式サイト

ただ個人的には、キャッシュレス決済導入をクレジットカードの手数料の部分だけで検討しているのであれば、VISA/Masterだけのカード決済売上が60万以上は見込めるお店に関しては、月額費用はかかりますが、ペイキャスモバイル・ステラパック・ペイゲートの方がトータル的にお安くなるのでオススメです。

Square(スクエア)他社との振込手数料比較

Square(スクエア)Airペイ(エアペイ)STORES(ストアーズ)
無料無料無料~200円

SquareとAirペイに関しては、振込手数料が無料なのに対して、STORESは、月1回の自動入金に関しては無料。手動入金に関しては、売上合計が10万円以上であれば無料。10万未満であれば振込ごとに200円かかります。

詳しくは別記事でご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

Square(スクエア)各ブランドの決済手数料の消費税について

Squareのクレジットカードや交通系の電子マネー等の手数料は非課税となります。

まとめ

Squareでの決済手数料以外での気になる部分の詳細に関しては、別記事でもご紹介しておりますので、気になる方は参考にしてみてください。

今回は、Squareの決済手数料は実際に高い?との検証ですが、月額料金がかからない決済代行会社の中での比較検証とはなりますが、対面決済でのクレジットカードの決済手数料は、他の決済代行会社と比べてもSquareが0.01%高いという結果となりますが、

その分

  • 豊富な決済手段
  • 売上入金が最短翌日入金
  • どの銀行口座でも振込手数料が無料

これらの項目を含めトータル的に検討しても、月額費用がかからない決済代行会社の中では、Squareは検討するうえでの決済代行会社ではないでしょうか。

Squareの本体自体に少なからず費用が発生する為に、費用をかけて導入するのは少し不安がある。というお店の方のために今現在、Squareでは30日間の返品保証を実施中です。実際に本体を購入しお店の方で使用したけれども、操作方法が難しく、購入前との相違があったということであれば、開封後でも返品を受け付けてくれますので、その場合は是非利用しましょう。(※公式サイトからの購入に限ります)

\違約金がない決済代行会社で30日間の返品保障あり /
Spuare公式サイト

現時点でのSquareのキャンペーン情報に関しては、別記事でご紹介していますので是非参考にして見て下さい。

AirペイSquareの比較記事に関しては、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

この機会にお店に合った決済代行会社を選びたいので、適正な導入方法を知りたいというお店の方は、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

目次