MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

Airペイ(エアペイ)審査落ちた。審査は厳しい?その場合の対策方法は?

Airペイでは、法人・個人事業主ともにご利用ができ、売上規模にかかわらず、個人事業主の方でも導入ができる決済代行会社となります。

申し込むにあたり気になる点がいろいろとあるかと思いますが、Airペイの特長は分かったけど、審査が落ちたという話を知り合いからよく聞いたことがあるんだけど、実際に審査は厳しいの?すぐに導入できるの?というご質問もよく聞かれます。

  • Airペイ 審査基準
  • Airペイ 審査落ちる原因
  • Airペイ 審査落ちた際の対策方法

今回は、Airペイ(エアペイ)の上記について解説していきます。

\月額費用0円・振込手数料0円・違約金なし/
Airペイ公式サイト
目次

Airペイ(エアペイ)の審査基準

審査基準に関しては、Airペイに限らず、他の決済代行会社でもそうですが、明確に審査基準の公開はしておりません。ただし、分かる範囲内でお答えいたします。

実店舗がない場合

実店舗がない場合でも他の決済代行会社では受付自体NGなところも多々ございますが、
Airペイでは受付自体は可能となっております。

ただし、その分実際にお店が存在する所と比べると、審査自体は厳しいのが現状です。

店舗があった場合でも可能な限り、最新の提出書類で揃えることをおすすめします。もしくは㏋やポータルサイトなどを上手く利用して可能な限り店舗情報を公開してから申し込むなど工夫していきましょう。

クレジットカード加盟店での信用情報

現在、既にお店を開業していてキャッシュレス決済も使用している場合、Airペイに限らず、どこの決済代行会社でもキャッシュレス決済を導入しているお店は、必ず加盟店信用情報を機関に信用情報が登録されます。


登録することにより、過去にお客様とのトラブルの有無をチェックがされます。

一部事例

  • 予想以上に高額な請求をされて後日お店を通報された
  • 頻繁にチャージバックがある(取り消し・返金)

上記などのトラブルがあって、今使用している決済代行会社から取り扱いが禁止になった場合、後日他社で申し込みをしても、履歴が残っているので審査に落ちることは少なからずございます。

よく聞かれるご質問

今度開業するだけど今現在、プライベートでクレジットカードを作りたいだけど、某ブランドのクレジットカードは作れて一部のブランドのクレジットカードを作ろうとすると毎回審査に落ちるんだけど、これでもキャッシュレス決済を導入ができるの?

というご質問がございますが、実際に導入ができますとは言えませんが、実際に他社の決済代行会社であるアルファノートで申し込みをした結果、全ブランド通過しキャッシュレス決済の導入ができている事例も実際にございます。

リクルートグループ内でのトラブル

Airペイを提供している【株式会社リクルートライフスタイル】は、多数のポータルサイトを展開している会社。

  • じゃらん
  • ポンパレモール
  • HotPepperグルメ
  • HotPepperBeauty
  • SARON BOARD(サロンボード)

上記のどれかのポータルサイトに掲載中に、トラブルを起こしている場合(掲載料の未払いや滞納など)はAirペイの審査に影響がでる可能性がございます。

Airペイ(エアペイ)取扱禁止商品等一覧

  1. 関連諸法令に抵触するもの全般
  2. 児童ポルノ・アダルト関連・性風俗または性的な要素をセールスポイントとしたもの
  3. 結婚相談や出会いを目的としたもの
  4. ギャンブル(カジノ、海外宝くじ、馬券予想、掛け金の清算等)または賭博的な要素があるもの
  5. 犯罪を誘発するもの
  6. 実銃、武器、危険物またはそれに類するもの
  7. 詐欺的またはいわゆる悪質商法とみなされるもの
  8. 国内未承認の医薬品、医療機器
  9. カウンセリング(心理カウンセリング等)
  10. 催眠療法・ヒプノセラピー
  11. 占い
  12. 税務・会計・司法サービス
  13. コンサルティング
  14. アートメイク・タトゥー
  15. 興信所・探偵・調査
  16. 便利屋業、遺品整理サービス
  17. 通信サービス(通話料、通信費、プロバイダー料金等)
  18. 分譲住宅(仲介含む)
  19. 人材派遣
  20. 投資・ギャンブル・財テク情報・情報商材または投機心を著しくあおるもの
  21. 換金性が高い商品・サービス、クレジットカードショッピング枠の現金化を目的としたもの
  22. オークション(出品代行、落札代行等)販売するもの
  23. 個人輸入代行により販売するもの
  24. 仲介・委託販売により提供するもの(不動産仲介に関するものを除く)
  25. 科学的根拠に乏しい効果をうたったもの
  26. 開運関連商品
  27. 自己啓発に関するもの
  28. 募金、寄付金、政治献金、賽銭等の金銭の贈与に関するもの
  29. 永代供養、祈祷、お布施等及びこれらに類するもの
  30. 政治団体が提供するもの
  31. CtoC取引(個人事業主除く)によりなされるもの全般
  32. BtoB取引によりなされるもの全般

反社会的勢力と関わりがあると判断された場合

暴力団の方が運営しているお店はもちろんのこと、反社会勢力との関わりがあるとAirペイ側で判断された場合は、審査に落とされます。

実際にAirペイの加盟店規約第39条に記載がされております。

Airペイ(エアペイ)審査期間 審査遅い?

Airペイの審査は最短3日ですが、すぐに全ブランドの審査が終了する訳ではございません。決済ブランドによって審査期間は変わります。

私が運営するお店の方では、実際にAirペイも使用しておりますが、

土日を除くと4日でVisa/Mastercard/UnionPay(銀聯)の審査が完了しておりました。

どこの決済代行会社でもVisa/Mastercardの審査自体は早く、逆にJCB系・QR系・電子マネー系は少し審査に時間がかかるのが特徴です。全ブランドの審査が完了するのに申し込み後1ヵ月前後は見ておいた方がいいでしょう。

審査が最短3日というのは、Visa/Mastercard/UnionPay(銀聯)のブランドの審査となります。

ただ、全国的にクレジットカードのブランドの中でも圧倒的に、Visa・Mastercardの使用率が多いので、Visa・Mastercardの審査自体が早いのは、お店側は非常に助かる部分でもあります。

各ブランド審査期間 目安
Visa/Mastercard/UnionPay(銀聯)3日前後
JCB/American Express/
Diners Club/Discover
1ヵ月前後
QRコード決済1ヵ月前後
電子マネー20日~1ヵ月
※あくまでも目安となります。

申し込んだ時期、混みぐあい等で早くなることもあれば、遅くなる可能性もございます。ただし、他の決済代行会社と比べても比較的にAirペイは審査自体は早い決済代行会社となります。

\月額費用0円・振込手数料0円・違約金なし/
Airペイ公式サイト

もっと早く導入したいというお店の方は、Squareが最短となります。スクエアに関しては別記事で解説しておりますので、是非参考にしてみてください。

Airペイ(エアペイ) 審査状況の確認

Airペイでは各ブランドの審査状況の確認は、申し込みの際に登録したメールアドレスに届くようになっております。

件名:【Airペイ】Visa/Mastercard(R)/UnionPay(銀聯)ご利用審査完了のお知らせ

上記のようなタイトルが2週間以上経過してメールが届かなければ

  • 申し込み時にメールアドレスの間違い
  • 受信拒否・迷惑フィルターに入っている
  • そもそも画像の提出アップロードをしていない

申し込み時にメールアドレスの間違い

マイページからメールアドレスの変更は可能です。

受信拒否・迷惑フィルターに入っている

迷惑フィルターや受信拒否設定などをされている場合は設定メールが届かないことがございます。審査結果のメールは下記ドメインです。一度確認することをおすすめします。

  • Airペイ   @airpayment.jp
  • Airペイ QR @mp.airregi.jp

そもそも画像の提出アップロードをしていない

申し込みはしたけども、必要書類等の画像の提出をしていなかったという方もよくおられます。

必ず提出書類の画像をアップロードすると下記のタイトルでメールが届きます。

件名:【Airペイ】審査書類アップロード完了のお知らせ

一度確認することをおすすめします。

Airペイ(エアペイ)審査落ちた原因は?

この前に現場を回っているとAirペイの審査を通過しなかったというお店にたまたま出会いましたが、正直、通過しなかった理由はAirペイ側では一切教えてくれません。

個人的には、Airペイ自体が審査に厳しいという印象はございませんが、業種や取り扱い商品等によっては審査が厳しいなと感じることはございます。

提出書類に不備がある場合

申し込みの際に不備があるとメールが来ます。きちんと不備内容を確認し、返信をすれば問題ございませんが、1ヵ月以内に返信をしないと自動的にキャンセルになり、再度一から申し込み作業をすることになりますので注意が必要です。※電話でのご連絡はございません。

Airペイ(エアペイ)審査書類

Airペイに限らず日本の決済代行会社は審査のチェックがしっかりとしており、申し込み情報や提出書類に不備があると審査自体できず、審査自体落とされる可能性がございます。可能な限り最新のもので提出することをおすすめします。

個人事業主の場合

  • 本人確認書類(運転免許証・健康保険証・住民票)
  • 店舗確認書類(HP等があれば店舗URLでも可能)
  • 許可書/免許書(業種による)

法人の場合

  • 登記簿謄本(発行日から3ヵ月以内のもの)
  • 店舗確認書類(HP等があれば店舗URLでも可能)
  • 許可書/免許書(業種による)

審査の合否に関しては最低限必要書類等はきちんと提出することです。ここの部分は非常に重要です。必要書類が揃ていなければ、審査ができず、Airペイ側から再提出を求められることがあり、それにともない審査に時間がかかる要素となります。

特定継続的役務提供に該当する場合

特定継続的役務提供とは、長期・継続的な役務の提供と、これに対する高額の対価を約する取引のことで、現在ではエステ、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相談所、パソコン教室の7つの役務が対象とされております。【コース】や【回数券等】を数か月にわたり継続的にサービスを提供することを指します。特定継続的役務提供に該当する業種は下記となります。

  • エステティック
  • 美容医療
  • 語学教室
  • 家庭教師
  • 学習塾
  • 結婚相談所
  • パソコン教室

ほとんどの決済代行会社でも、上記の業種は受付NGとなっている所が多く、Airペイでも特定継続的役務提供に該当する場合は審査まではいかず、受付自体でNGとなります。

理由としては、一定期間役務提供、つまり一定期間サービスの提供を受けないと効果があるのかどうか?分からないため。効果がない場合、チャージバッグ(取り消し・返金)が頻繁に発生するため。

特定継続的役務提供に該当するかどうかは、下記3点で決まります。

  • 業種
  • 期間
  • 金額
引用元:特定商取引法ガイド

ポイントとして、該当するかどうかは、業種・期間・金額をこの3点をすべて満たした場合、特定継続的役務提供に該当するとなります。業種が該当しても、期間・金額どちらかが該当しなければ、特定継続的役務提供に該当しないということなので、この場合は、Airペイでも受付自体は可能となります。

特定継続的役務提供の詳細に関しては、別記事で解説しておりますので、ぜひ参考にして見て下さい。

Airペイ(エアペイ)の審査が落ちた場合の対処方法

Airペイを申し込みをしたけれども、審査が通過しなかったという場合もあるでしょう。

対処方法としては、他社の決済代行会社を選択する

Airペイを申し込んだけど審査に落ちたという方もしくは審査に不安という方は、下記2社の決済代行会社で申し込みをすると比較的に審査が通過しやすいという印象を実際に現場を回っていて感じます。

審査に強く、導入を急いでいる方は最短審査当日15分

審査に強くあらゆる決済を1台で済ませたい方

Airペイで審査に落ちたという方は、一度Airペイで提出書類等も既に揃えている方ですので、再度他社でお申し込みをする場合になったとしても、次回からはスムーズに申し込み作業ができるかと思います。

まとめ

結論的には、Airペイは審査が厳しいということはございません。実際にAirペイを申し込んで審査に通過をし、普通に使用している方がほとんどです。

ただしお店の業種や取り扱い商品・過去の履歴等で審査に影響するのも事実です。

実際に以前、某決済代行会社で勤務しておりましたが、実際に契約をもらってきたのに審査が通過しなかったお店も多々ございましたが、一般社員にはもちろん、役職の方にすら審査が落ちた理由を一切流しません。一部の限られた方だけが分かる情報です。

ただAirペイ自体の審査結果はすぐに分かる決済代行会社なので、まずは申し込みをして結果を確認してみてはいかがでしょうか。

\月額費用0円・振込手数料0円・違約金なし/
Airペイ公式サイト

現時点でのAirペイの最新のキャンペーン情報に関しては、別記事で解説しておりますので是非参考にして見て下さい。

目次