MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

【決済端末比較】カードリーダー型の決済端末機を扱っている会社の長所・短所を徹底検証してみた結果

キャッシュレス決済をお店に導入するうえで、ここ最近モバイル決済を導入しご利用するお店が非常に増えてきております。

実際にこういったモバイル決済端末をご提供している決済代行会社がたくさんございます。

モバイル決済端末機のなかでも、大まかに2種類ございます。

  • カードリーダー型
  • オールインワン型

2種類ある中で、カードリーダーを用いた決済端末は、ここ最近非常に多くのお店でご利用がされております。理由としては、気軽に始めやすいという点でご利用がされております。実際にお店に行った際には、一度は拝見したことがあるのではないでしょうか。

今回は、利用率の高いモバイル決済端末(カードリーダー型)をご提供している決済代行会社について簡潔に解説していきます。

オールインワン型端末の詳細に関しては、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

目次

カードリーダー型の特長とは

モバイル決済端末の中でもカードリーダー型を使用する場合、スマホもしくはタブレットのどちらかをご利用し、カードリーダー(本体)と連携することによって決済を行う方法です。

スマホorタブレット+カードリーダー(本体)があればお店での決済は可能となります。

ポイント

  • 【タブレットorスマホ】+【カードリーダー本体】が必要
  • Wi-fiや4G回線でご利用が可能
  • 月額料金が無料
  • レシート(紙明細)が必要なお店の方はレシートプリンターの購入が必要

カードリーダー型を提供している決済代行会社

下記でご紹介する決済代行会社は、実際にお店の方でもご利用がされている利用率の高い決済代行会社となります。その各社の特長をまとめさせていただきます。

Airペイ(エアペイ)

引用元:Airペイ

Airペイは、リクルートグループが提供している決済サービスで、よくCM等で露出がされているということもあり、一度は見たこともある方が多いのではないでしょうか。非常に認知度がある決済代行会社です。

Airペイの決済サービスは、ipad・iPhone専用となります。

Square(スクエア)

引用元:Square

SquareはX社(元・Twitter)が創業したモバイル決済サービスとなり、三井住友カードと業務提携し、2013年頃にアメリカから日本に上陸した決済代行会社です。

Squareの決済サービスは、ios・Android共に対応となります。

STORES(ストアーズ)

引用元:STORES

STORES(旧:ヘイ株式会社)とは東京に本社を構え、STORES株式会社が運営するキャッシュレス決済です。

STORESの決済サービスは、ios・Android共に対応となります。

楽天ペイ

引用元:楽天ペイ

楽天ペイは、楽天ペイメント株式会社及び同社の親会社である楽天グループ株式会社が展開する決済サービスです。

楽天ペイの決済サービスは、ios・Android共に対応となります。

Airペイ(エアペイ)導入に向いているお店

  • iPadまたはiPhoneのご用意が可能な方
  • せっかく導入するなら、あらゆるブランドに対応したい方
  • 導入を急がれている方(最短3日~)
  • 売上金の入金サイクルにこだわる方(月6回の入金)

上記の部分に当てはまるお店の方は、Airペイの詳細を解説した記事がございますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

Airペイでは導入するにあたり、お得なキャンペーンを開催している場合がございます。最新のキャンペーン情報に関してはこちらで確認して見て下さい

Square(スクエア)リーダー 導入に向いているお店

  • iosまたはAndroid端末のご用意が可能な方
  • 導入を急がれている方(最短当日15分~)
  • 売上金の入金サイクルにこだわる方(最短翌日入金)
  • 導入後、お店に合うかどうかを心配されている方
  • 特定継続的役務提供に該当する方
  • 審査が通過しにくい業種の方
  • QRコードのご利用をあまりしない方
  • 回数券や継続課金(月謝)のメニューのある方
  • 今後ネットショップでの販売も検討している方

上記の部分に当てはまるお店の方は、Squareリーダーの詳細を解説した記事がございますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

Squareでは導入するにあたり、お得なキャンペーンを開催している場合がございます。最新のキャンペーン情報に関してはこちらで確認して見て下さい

STORES(ストアーズ)導入に向いているお店

  • iosまたはAndroid端末のご用意が可能な方
  • 医療・理容室(床屋)・クリーニングの業種の方は必見
  • QRコードのご利用はなく、電子マネーをよくご利用される方
  • 今後ネットショップでの販売も検討している方

上記の部分に当てはまるお店の方は、STORESの詳細を解説した記事がございますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

楽天ペイ 導入に向いているお店

  • iosまたはAndroid端末のご用意が可能な方
  • せっかく導入するなら、あらゆるブランドに対応したい方
  • 楽天銀行をお持ちの方
  • 売上金の入金サイクルにこだわる方(最短翌日入金)

上記の部分に当てはまるお店の方は、楽天ペイの詳細を解説した記事がございますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

カードリーダー型に不向きなお店とは

  • キャッシュレス決済を1台で済ませたい方
  • タブレットorスマホと連携をしたくない方
  • レシートプリンターを購入したくない方

カードリーダー型に向いているお店とは

  • タブレットorスマホのご用意が可能な方
  • 導入するうえで月額料金に費用をかけたくない方
  • 初期費用をかけずに、まずは気軽にキャッシュレス決済を始めたい方
  • レシート(紙明細)が無くてもいい方

カードリーダー型を選ぶ上での検討材料について

カードリーダー 決済手段

決済代行会社決済方法
Square都度決済・回数券・月謝・オンライン決済
STORES都度決済・オンライン決済(月謝・回数券)
Airペイ都度決済・回数券
楽天ペイ都度決済
※回数券にのご利用には条件有

決済方法の種類についての詳細関しては、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

特定継続的役務に該当する方

済代行会社特定継続的役務に該当する方
Square受付可能(条件あり)
Airペイ受付不可
STORES受付不可
楽天ペイ受付不可

店外でのご利用

決済代行会社店外でのご利用
Airペイ可能
Square可能
STORES可能
楽天ペイ可能
※モバイルルーターorテザリングが必要

カードリーダー本体の導入費用

決済代行会社導入費用
Airペイ無料
楽天ペイ無料
STORES無料(条件あり)
Square4,980円
※キャンペーンが終了次第有料となる可能性がございます

月額料金

決済代行会社月額費用
Airペイ無料
Square無料
STORES無料
楽天ペイ無料

決済手数料

決済代行会社決済手数料
Airペイ3.24%
STORES3.24%
楽天ペイ3.24%
Square3.25%
※クレジットカードのご利用の場合(税込み)

入金サイクル

決済代行会社入金サイクル
Square最短翌日(銀行による)
楽天ペイ最短翌日(銀行による)
Airペイ最大月6回
STORES月1回+手動入金

振込手数料

決済代行会社振込手数料
Airペイ無料
Square無料
STORES無料or200円
楽天ペイ無料or330円
※税込み

導入後のサポート対応時間

決済代行会社サポート時間
Airペイ9:30~23:00
楽天ペイ9:30~23:00
Square10:00~18:00
STORES10:00~18:00

POSレジとの連携

決済代行会社POSレジとの連携
Airペイ可能
Square可能
STORES可能
楽天ペイ可能

まとめ

ここ最近カードリーダー型の決済を用いたお店の割合が急激に伸びてきてます。

理由として、カードリーダー型を使用する場合、月額料金が無料でありながらも、違約金等が発生しない決済代行会社が多いため、非常に始めやすい環境なのでしょう。

カードリーダー型の良い点は、まずは気軽に始めらる

ただし導入をする前に気をつける点として、カードリーダー型をご利用する場合、どの決済代行会社でもレシートプリンターが本体に内蔵されておりません

今現在ペーパーレス時代ということもあり、カードリーダー型をご利用するお店の方は、レシート(紙明細)が必要なお客様には、電子送信や手書きの領収書等で対応をされております。

ただ、ここの部分に関しては、お店ごとに異なる為、レシート(紙明細)で必ずお客様にお渡しをしたいというお店の方は、別途レシートプリンターを購入(有料)する必要がございます。

レシートプリンターを購入する以外に他に方法はないの?というご質問も実際に受けますが、その場合はレシートプリンター内蔵型の端末機を選択する方法となります。

レシートプリンター内蔵型の端末機をご提供している決済代行会社のご紹介は、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

この機会にお店に合った決済代行会社を選びたいので、適正な導入方法を知りたいというお店の方は、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

目次