MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

キャッシュレス決済 個人事業主の方にもおすすめの導入方法とは?

お店にキャッシュレス決済を導入をするにあたり、数ある決済代行会社がございます。どこから選べかいいのか、実際に分からない方も非常に多くおられます。

今回は、

個人事業主の方におすすめの導入方法

を解説をしていきます。

まずは導入するうえで、お店でご検討する箇所はお店によってもちろん異なってきますが、比較的にご検討材料として多いのが、

  • 導入費用
  • 決済手数料
  • 入金サイクル
  • 振込手数料
  • 扱えるブランド
  • 取り扱っている決済方法
  • 本体の種類

実際に現場を回っておりましたが、上記の項目を全てを一気に解決しようとすると正直なかなか決まりません。

それよりも、まずは本体をどのタイプにするかを決めてから、自分のお店のメニューにあった決済方法を取り扱っている決済代行会社を選んで見て下さい。ここの部分は非常に重要です。

その後の細かい検討材料を見ていけば、最終的に必ず自分達のお店にあった決済代行会社を導入することができます。

導入するまでの選択の流れ

本体の選択

決済方法の確認

その他の項目事項(導入費用・決済手数料・入金サイクル・扱えるブランドなど)

目次

キャッシュレス決済を導入するメリットとして

  • 新たな顧客の確保
  • 客単価UP
  • 現金のやりとりがないため、会計時でのやり取りがスピーディーに
  • お釣りの用意をしなくてもよくなる上にミスもなくなる
  • 現金の盗難を防げる
  • 時代にあった店舗作りになる

本体の種類について

通常お店で対面での決済(都度決済)をご利用する場合、大まかに据置型決済(CAT端末)モバイル決済の2種類に分かれます。

  • 据置型決済(CAT端末)
  • モバイル決済
据置型決済(CAT端末)モバイル決済
レジ横に設置(有線LAN)接続Wi-Fiや4G回線を利用
通信環境が安定バッテリー搭載型
持ち運びが不可持ち運びが可能

据置型決済(CAT端末)とは?

据置型CAT端末の特徴は、本体が有線LANと接続されているために通信環境が安定している特徴がございます。

イメージとしては、大型店舗や複数店舗でレジ横やレジ前等に設置がされている端末機です。

ある程度の規模になってくるとPOSレジと連携している場合もございます。固定がされているため、持ち運びが不可な端末機となります。

モバイル決済とは?

モバイル決済とは、クレジットカード・QRコード・電子マネーなどをあらゆるブランドに対応し、Wi-Fiや4G回線などをご利用した決済方法となります。そのため持ち運びが可能となり、店内でのご利用もちろん、あらゆる場所(店外)でのご利用にも最適な端末機となります。

イメージとしては店内であれば、テーブル会計でのご利用が可能であったり、店外であれば、エステサロン(出張)・キッチンカー・イベント(催事)・タクシー・観光地での人力車等にもご利用がされております。

引用元:経済産業省

上記のとおり2023年度のキャッシュレス決済のご利用率が急激に増えており、2023年は39%となってります。内訳としましては、クレジットカードが83.5%、QRコードが8.6%、電子マネーが5.1%、デビットカードが2.9%となります。

クレジットカード以外のQRコードや電子マネーのご利用率も年々増えてきており、それに伴いお店側もクレジットカードだけでの対応ではなく、QRコードや電子マネーに対応した端末機に変更するお店も年々増えてきております。

モバイル決済のなかでも、2種類ございます。

  • オールインワン型
  • カードリーダー型

オールインワン型とカードリーダー型の詳細は下記となります。

モバイル決済端末(カードリーダー型)

カードリーダー型の特徴として、クレジットカード・QRコード・電子マネーなどをあらゆるブランドに対応し、タブレットorスマホのどちらかをご利用し、カードリーダー(本体)と連携することによって決済を行う方法です。

初期の導入費用が少なく、月額費用もかからないため、まずは気軽に始めたい、というお店の方には向いております。ただし、レシートプリンターが必要な方は有料となります。

カードリーダー型でもPOSレジとの連携が可能な決済代行会社もあり、実際にPOSレジと連携をしているお店もございますが、今の段階でPOSレジを置く必要がないというお店の方にもご利用されております。

カードリーダー型を扱っている決済代行会社は、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

モバイル決済端末(オールインワン型)

オールインワン型の特徴としては、クレジットカード・QRコード・電子マネーなどをあらゆるブランドに対応し、尚且つレシートプリンターも内蔵されているために、1台で全てが完結する端末機となります。

キャッシュレス決済を導入するにあたり、タブレットorスマホとは連携をしたくないお店の方には向いております。ただし、高品質な端末機となるため、完全無料とはいかず、本体が有料であったり、月額費用がかかる会社がほとんどです。

オールインワン型でもPOSレジとの連携が可能な決済代行会社もあり、こちらもカードリーダー型同様、実際にPOSレジと連携をしているお店もございますが、POSレジと連携は考えていないお店の方にもご利用がされております。

オールインワン型の決済端末を扱っている決済代行会社は、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にしてみて下さい。

決済手段の種類について

実際に現場を回っていて、キャッシュレス決済を導入し失敗したというお店もたくさん見てきております。

よくあるパターンとして、ほとんどのお店の方は、導入費用の確認、決済手数料の確認、扱えるブランドの確認、売上金の入金サイクルの確認を重視するお店の方がほとんどです。

決済手段の確認をせず、導入後お店に合わなかったというお声もよく耳にします。一度キャッシュレス決済を導入してしまうと変更が大変になります。

まずはその決済代行会社でお店に合った決済方法があるかどうかを、事前に確認することが重要となります。

ほとんどのお店の場合は都度決済(一括払い)でいいお店がほとんどです。ただ、月謝や回数券等もクレジットカードで対応したいお店も少なからずございます。その場合、都度決済だけを取り扱っている決済代行会社では対応ができません。

都度決済(一括払い)

お店での対面決済で多いのが、お客様がお店に来店する度に、その都度カードで支払う。一番多いパターンとなりますが、このことを都度決済又は都度払いと呼びます。

この決済方法は多くの決済代行会社で取り扱っており、お店では都度決済のみをご利用の方は、基本どこの決済代行会社を選んでも問題ございません。

回数券

都度決済や月謝・サブスク決済だけではなく、お店によっては、回数券のメニューを展開している所もあるかと思います。

回数券の支払いを都度決済で決済をしてしまいますと契約違反となり一瞬で取引停止(アカウント停止)となります。意外と知らないオーナー様も非常に多いのでこの部分に関しては気を付けましょう。

理由としては、回数券は先払い行為となるために、お客様とのトラブルになりやすい行為となるため、それらを回避するために、ほとんどの決済代行会社では受付の段階でNGとなっている場合が非常に多いです

ただお客様も高い料金を支払うならカードで支払いをしたい方もおられます。そういった場合にも対応ができるように回数券の決済を扱っている決済代行会社で導入し、お店の方で環境を整えておく必要がございます。

継続課金(月謝・サブスク決済等)

継続決済・サブスク決済のメニューを作ることにより、

  • 継続的で安定的な売上の確保確保が見込める
  • 継続率向上が見込める
  • 来月の売上が予測しやすい
  • 払い忘れの防止につながる
  • 初期費用を低く設定し、新規顧客を獲得しやすくなる

比較的にご利用されるお店として、整骨院、エステ、スポーツジムや塾、習い事などの月謝に利用されています。 ここ最近ではサブスクリプション決済とも呼ばれ、音楽や動画などの配信コンテンツの支払いにも広くご利用されています。

業種によっては、毎月の売上げの安定化を図るために、月謝やサブスクなどのメニューをご用意しているお店もあるかと思いますが、そういったメニューを展開されているお店では、都度決済では毎回来店される度に決済を行うことになりますので効率が下がります。

継続決済・サブスク決済であれば、1度のご登録で毎月1回自動的に決済がされますので、今後の払い忘れ防止にもつながり効率自体も上がります。

ただし、こういった継続決済(月謝)・サブスク決済をご利用する場合、対応していない決済代行会社が多いので必ず取り扱っているかどうかの確認をすることをおすすめします。

オンライン決済

オンライン決済とは、インターネット上で行う決済方法で、ネットショップ等でご利用されます。

業種によっては、対面決済(都度払い)だけではなく24時間インターネットで商品を販売したいお店の方もおられるでしょう。そういうお店の方に最適です。

  • 対面決済(都度払い)
  • ネットショップでの販売

こちらをご利用する場合は、オンライン決済を取り扱っている決済代行会社を選ぶことになります。

まとめ

今回は、キャッシュレス決済を導入するにあたり、おすすめの導入方法について解説しました。

お店によっては、本体の種類や決済方法より、導入費用のみを重視する方、決済手数料のみを重視する方、売上金の入金サイクルのみを重視する方もおられますので、これといってもちろん正解はございません。

ただし、この順番で選んでいただくと、導入後に失敗をしたという確率は下がります。

  • 本体の種類(据え置き型・カードリーダー型・オールインワン型)
  • 決済手段(都度決済・継続課金・回数券・オンライン決済)
  • その他の項目(手数料・入金サイクル・扱えるブランドなど)

ただ例外もございます。

お店(業種)によっては都度払いだけではなく、回数券や月謝・サブスク等の特殊なメニュー展開をされているお店の方は、本体の種類より、決済手段が先というお店もございます。

そういう場合はお店あった決済手段を扱っている決済代行会社を先に選んで頂いた後に、本体の種類を決定と②と①が逆になるパターンもあるかと思います。

是非参考にして頂ければ幸いです。

カードリーダー型・オールイワン型をどちらかの端末をご希望で、継続課金回数券オンライン決済を取り扱っている決済代行会社の確認は、一度下記にて参考にして見て下さい。

目次