MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

Squareリーダー×楽天ペイカードリーダーを比較検証!お店に合う最適な決済端末はどっち?

今回は、Squareと楽天ペイについて解説をしていきますが、カードリーダーをタイプの決済端末をお探しで、どちらの決済端末がお店に合っているのかどうかを知りたいお店の方に向け、いろんな角度から徹底検証をしていきます。

現在Square楽天ペイをご検討しているお店の方は、是非参考にして見て下さい。

\違約金がない決済代行会社/
Square 公式サイト
目次

カードリーダーの詳細について

各項目Square楽天ペイ
対応端末iOS・Androidに対応iOS・Androidに対応
導入費用(本体価格)4,980円19,800円
※税込み

Square・楽天ペイ共にスマートフォンタブレットで連携して決済をする方法となります。共にiOS端末(iPhone・iPadに限らずAndroid端末にも対応しているのが特徴です。

Square

Squareのカードリーダーの特長として、本体自体、小型でスタイリッシュな端末機となり店舗の雰囲気に馴染み、景観を損なわないシンプルなデザインが特徴です。小さな手の方でも持ち運びやすい決済端末機となります。

楽天ペイ

楽天ペイのカードリーダーの特長として、本体色が黒・赤・白があり、お店の雰囲気に合わせて選べるのが特徴です。

決済手段について

各項目Square楽天ペイ
一括払い
分割払い××
回数券×
継続課金(月謝・サブスク)×

Square

Squareの特長として、一括払いだけではなく、あらゆる決済手段の取り扱いが可能なため、幅広い業種のお店の方にご利用されているのが特徴となります。

楽天ペイ

楽天ペイの特長として一括払いのみとなっており、お店側で一括払いでいいお店の方にご利用がされているのが特徴となります。

対応の決済ブランドは?

Square

Squareの対応しているブランドは、上記となりますが、クレジットカード・電子マネー・QRコードに対応しておりますが、QRコードの取り扱いが現時点PayPayのみとなっております。

\月額料金0円・振込手数料0円/
Square 公式サイト

楽天ペイ

楽天ペイに対応しているブランドは、クレジットカード・電子マネー・QRコード共に人気のブランドを取り扱っているのが強みとなりますが、主力のPayPay、d払い等のご利用は対応しておりません。

月額料金について

各項目Square楽天ペイ
月額料金無料無料

Square・楽天ペイ共に月額料金が発生しませんので、安心してご利用が開始可能となります。

決済手数料について

各項目Square楽天ペイ
決済手数料一律3.25%一律3.24%
※対面決済の場合(税込表示)

Square

Squareの場合、いろんな決済手段があるため、決済手段によって、決済手数料が変わります。上記の決済手数料に関しては対面決済での決済手数料となります。

対面決済以外の決済手数料の詳細に関しては、別記事で解説しておりますので是非参考にして見て下さい。

楽天ペイ

楽天ペイの決済手数料に関してはHP上では2.95%~となっておりますが、税抜価格の表示となり、税込みは3.24%となります。

Square/楽天ペイの決済手数料を実際に比較してみた結果

クレジットカード売上Square楽天ペイ差額
10万3,250円3,240円差額10円
30万9,750円9,720円差額30円
50万16,250円16,200円差額50円
100万32,500円32,400円差額100円
300万97,500円97,200円差額300円
500万162,500円162,000円差額500円

Squareの決済手数料が3.25%楽天ペイの決済手数料が3.24%で結果的に楽天ペイの方が決済手数料的には0.01%程お得になります。

仮にクレジットカード売上100万の場合100円程の差額となります。ここの部分に関して高いかどうかは使用するお店の判断にはなります。

\違約金がない決済代行会社/
Square 公式サイト

入金サイクル・振込手数料について

各項目Square楽天ペイ
入金サイクル最短翌日入金・週1入金翌日自動入金・手動入金
振込手数料無料無料~330円

入金サイクル

Square

Squareの入金サイクルの場合、三井住友銀行 or みずほ銀行お持ちの方は、最短翌日自動入金を採用しております。

その他の銀行の場合は月4回の入金となります。毎週水曜日締め毎週金曜日に入金という流れとなります。1週間に1度の自動入金となります。

楽天ペイ

楽天ペイの入金サイクルの場合、楽天銀行をお持ちの方は、最短翌日自動入金を採用しております。楽天銀行をお持ちの方には最適な決済代行会社となります。

楽天銀行をお持ちでないお店の方は、自動入金に対応対応いない為、管理画面上から毎月振込依頼(手動入金)をする必要が出てきます。

手動入金のメリットすれば、売上金が欲しい時にすぐに入金がされます。デメリットとすれば、お店側で入金手続きをしなければ、ずーと入金がされないような状況になりますので、毎月意識することをおすすめします。

振込手数料

Square

Square振込手数料に関しては、銀行口座問わず、振込手数料は無料となり、Square側で負担をしてくれます。ここの部分がお店の方に非常に喜ばれております。

\最振込手数料0円・最短当日審査15分/
Square 公式サイト

楽天ペイ

楽天銀行の振込手数料に関しては、楽天銀行をお持ちのお店の方は、振込手数料は0円となっております。

ただし、楽天銀行をお持ちでないお店の方は、1回ごとの入金に対して毎回330円が発生し、振込金額より相殺される形となります。

各項目Square楽天ペイ
月4回振込みした場合の振込手数料代0円1,320円
※Squareで三井住友銀行 or みずほ銀行以外の場合・楽天ペイでの楽天銀行以外の場合

上記の通り、Squareの場合月に4回入金の場合、振込手数料0円。楽天ペイで振込み手続きをする場合、振込み回数分330円がかかり計1,320円がかかります。

実際に審査は厳しいの?

楽天ペイに関しては、特定継続的役務提供に該当する場合は、審査が厳しい状況になります。

特定継続的役務提供とは、長期・継続的な役務(サービス)の提供のことで、高額なコースや回数券等を数か月にわたり継続的にサービスを提供することを指します。

現在ではエステ、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相談所、パソコン教室の7つの役務が対象とされております。

審査が通過しにくい理由として、上記のような業種の場合、メニューによっては、成果が分かりにくい等もありクレーム等を避けるために、楽天ペイに限らず他の決済代行会社でも審査が通過しにくいのが現状です。

ただし、Squareでは、上記のような業種の方でも条件さえ満たせばご利用が可能となります。そういう面ではSquareの方が審査自体が緩く、幅広い業種の方にご利用がされているという実感がございます。

\最振込手数料0円・最短当日審査15分/
Square 公式サイト

審査期間について

各項目Square楽天ペイ
審査期間最短当日15分最短3日
※あくまでも目安期間となります。

Square

通常1~2ヶ月程審査がかかるのが通常となりますが、Squareの場合、各ブランドによって審査期間が変わりますが、最短当日15分で審査が完了する決済代行会社となります。

数ある決済代行会社でも一番早く審査が終了する決済代行会社となります。一日でも早くお店に導入をお考えの方は、Squareが最適です。

\アカウント作成後審査開始/
Square 公式サイト

楽天ペイ

各ブランド審査期間
Visa、MasterCard、楽天Edy、交通系電子マネー、nanaco、WAON最短3日
JCB、American Express、Diners Club、Discover、QUICPay、iD、au PAY2週間前後
※あくまでも目安期間となります。

楽天ペイに申込は完了したけれども、忙しく審査に必要な書類の提出ができていないなどの場合審査自体の開始が止まりますので注意が必要です。

もし、必要書類を用意する時間がないお店の方は、Squareがおすすめです。理由としては、必要提出書類等がなく、アカウント作成後にすぐに審査が開始されます。アカウント作成は5分程度の入力でサクッと完了します。

Squareの申し込みの流れについての詳細は、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

Squareでの審査に関しての詳細は下記の記事を参考にして見て下さい。

POSレジとの連携は可能?

各項目Square楽天ペイ
POSレジ

Square

SquareでPOSレジとの連携をご希望のお店の方は、無料でご利用が可能となります。

楽天ペイ

楽天ペイにはレジ機能はございませんが、スマレジBionlyposcube (ポス・キューブ)・ユビレジ・POS+(ポスタス)と機能連携をしております。

カードリーダー本体の保証期間について

各項目Square楽天ペイ
カードリーダー保証期間1年間1年間
本体価格4,980円19,800円

Squareと楽天ペイ共にカードリーダー本体の保証期間は1年間となります。

正直なところ、こういったカードリーダー本体の場合、精密な機器でもあるため、少なからず故障が発生する場合がございます。1年経過後にもし故障が発生た場合、各社とも無料で提供はして頂けません。

そうなった場合のことも考えて、購入がしやすいSquareの方が今後のためにも最適かと思います。

導入後のサポート時間について

各項目Square楽天ペイ
サポート時間10:00~18:0009:30~23:00
電話番号0120-117-0420570-200-234

Square

Squareのサポート時間は10:00~18:00までとなり、土日祝祭日も営業。年末年始を除きます。

楽天ペイ

楽天ペイのサポート時間は9:30〜23:00までとなり、土日祝日も営業。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆も変わらず営業しております。

Squareリーダー/楽天ペイカードリーダー【動画編】

スクエア

楽天ペイ

Square/楽天ペイのキャンペーン情報について

各項目Square楽天ペイ
カードリーダー
キャンペーン情報
4,980円
開催なし
19,800円
開催なし

Square

Squareでの本体無料キャンペーンは現時点では実地しておりませんが、本体価格の通常価格が4,980円と低価格な料金設定も非常に魅力的です。

Squareの最新のキャンペーン情報の詳細に関しては、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

楽天ペイ

現時点、楽天ペイのカードリーダーのキャンペーン等は開催しておりません。

実際にお試し期間などは?

Square

Squareの場合、お試し期間を実施しており、カードリーダー本体(4,980円)に費用をかけて少し不安がある。というお店の方のために今現在、Squareでは30日間の返品保証を実施中です。

実際に本体を購入しお店の方で使用したけれども、操作方法が難しく、購入前との相違があったということであれば、開封後でも返品を受け付けてくれますので、その場合は是非利用しましょう。(※公式サイトからのご購入に限ります)

\違約金がない決済代行会社/
Square 公式サイト

楽天ペイ

現時点、お試し期間等の実地はしておりません。

まとめ

今回は、Squareと楽天ペイについていろんな角度から解説を致しました。

Square向きのお店の方

  • 一括払いだけではなく回数券・継続決済・オンライン決済にも対応したい方
  • 最短翌日入金(三井住友銀行 or みずほ銀行お持ちの方)
  • 振込手数料には費用をかけたくない方
  • 導入に急いでいる方
  • 申し込み作業は簡単な方がいい方
  • PayPayをご利用したい方
  • 審査等に不安がある方
  • 実際に使用しないと分からないのでまずは30日間試したい方
  • 端末代金4,980円が魅力な方(故障が発生した場合の事も考えて)

楽天ペイ向きのお店の方

  • 楽天銀行をご用意できる方(最短翌日入金)
  • 決済手数料が0.01%でも少しでも低い方がいい方
  • QRコード決済にもしっかりと対応したい方
  • 端末本体の色を選びたい方(赤・黒・白)
  • サポート時間は長い方がいい方

Squareと楽天ペイ共にいい部分もあり、気になる部分があるのも事実です。是非この機会にお店に合った決済代行会社を選んで見て下さい。

\違約金がない決済代行会社/
Square 公式サイト
目次