MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

楽天ペイの決済端末カードリーダーを導入!実際に使用しているお店の評判は?

今回解説するキャッシュレス会社は楽天ペイメント株式会社。

楽天グループが提供する決済サービスで、こちらはモバイル決済タイプとなります。

目次

楽天ペイでご用意するものとは?

  • Wi-Fi環境or4G回線が必要となります
  • スマホ orタブレット

スマホ or タブレットのどちらかとカードリーダーをBluetooth等でつなぐ決済方法となります。お持ちでない方は、タブレットを購入するか、もしくは従業員の携帯にアプリをダウンロードをし使用することも可能。

基本は、タブレットとカードリーダーがあれば決済はできますが、お店的に印刷機能が必要ということであれば、レシートプリンターSML200を別途購入となります。※ただ必ず購入しないとけないということは、ございません。お店側でペーパーレスを推奨しており、レシートプリンターがないお店も多々ございます。

楽天ペイ カードリーダー 購入

引用元:公式サイト楽天ペイ

現時点【新規申込店舗さま限定】で19,800円(税込)相当のカードリーダーが0円キャンペーンを開催中です。

楽天ペイは分割払いは可能?

楽天ペイのお支払い方法は 1回払い(都度払い)のみ。リボ払い、分割払い、ボーナス払いはご利用は不可となります。

楽天ペイの各ブランドの決済手数料

スクロールできます
決済方法各ブランド手数料
クレッジトカードVISA・MasterCard・JCB・AMEX・DinersClub・DISCOVER3.24%
QRコード決済楽天ペイ・auPAY3.24%
電子マネー楽天Edy・nanaco・waon・ApplePay・ID・QUICPay・交通系(9種類)3.24%
※業種・審査等によりご利用できない可能性もございます。

※楽天ペイを検討するにあたり、いい部分ばかりではなく、もちろん気になる部分もございます。そこは正直にお答えしたいと思います。では気になる点は以下となります。

楽天ペイのデメリットはあるの?

特定継続的役務提供に該当する場合は受付NG

定継続的役務提供とは、長期・継続的な役務(サービス)の提供のことで、高額なコースや回数券等を数か月にわたり継続的にサービスを提供することを指します。

現在ではエステ、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相談所、パソコン教室の7つの役務が対象とされております。

審査が通過しにくい理由として、上記のような業種の場合、メニューによっては、成果が分かりにくい等もありクレーム等を避けるために、楽天ペイに限らず他の決済代行会社でも審査が通過しにくいのが現状です。

継続的役務提供の詳細は、別記事でご紹介していますので是非参考にして見て下さい。

楽天ペイの前払い行為等の回数券の使用が不可

楽天ペイの決済手段は、一括払いのみとなっております。先払い行為、回数券や継続課金(サブスク)の決済が禁止されており、今後、回数券や継続課金(サブスク)の決済を取り入れる店舗様には不向きな決済代行会社となります。

回数券や継続課金(サブスク)決済に対応している決済代行会社には、別記事で解説しておりますので参考にして見て下さい。

楽天ペイのペアリングについて

楽天PAYの場合、店舗で使用するタブレットもしくは携帯の方へ、アプリをダウンロードをした後、カードリーダーとペアリングする設定になっております。

設定自体は非常に簡単です。タブレットと設定するのであれば問題ないのですが、携帯でつなぐ場合、1点気をつけなければいけない点が、その方がお休みだとすると、その日にお店で決済ができないことになります。

アプリをダウロードした本体とカードリーダーのペアリングは1台しかできない為、営業終了後にペアリングしている本体とのペアリングを解除し、明日使用可能な方の携帯に再度ペアリングしないといけません。

やり方は自体は非常に簡単ですが、少し時間が取られます。もし可能であればタブレットを用意しておけば安心です。※一人でお店をする方ならお持ちのスマホでもOKかとは思います。

タブレットの準備がなく端末機1台で済ませたいというお店の方は、オールインワン型の決済端末機が最適です。

楽天ペイ 入金依頼について

楽天銀行をお持ちでないお店の方は、2022年12月までは月1回の自動入金という機能がございましたが、2023年以降自動入金がなくなりました。

他の決済代行会社であれば、毎月決まった日に自動で入金がされますが、楽天銀行以外の方は、お店側で加盟店管理画面にログインをし入金依頼を行う必要がございます。

もし入金依頼を行わなければ、売上金が入ってこない状況になります。注意点としては、手動入金の場合、毎回振込みに対して1回330円かかりますので、その点は注意をしておかなければなりません。

場所によってはつながりにくい

これは楽天ペイにはかぎらないことですが、ビルの中等で電波が弱かったりすると、決済ができたり、できなかったりとの症状がでてきます。

楽天ペイは業種によっては審査が厳しい

比較的に楽天ペイは業種によって審査が厳しいという実感がございます。

楽天ペイは、PayPay、d払い、銀聯カードが使用不可

現時点では、楽天ペイはQR決済も可能ですが、一番人気のPayPay、d払いが使用できない点。PayPayを使用する場合は、PayPayとの直接契約が必要となる。

レシートプリンターが購入となる点

お店によっては、レシートが無くてもいいよという店舗様もありますが、業種によっては、必要となる店舗様もあるかとは思います。

こういったカードリーダーの場合、通常レシートプリンターがないため、その分レシートの代わり明細をメールで送信をすることができます。

ただ、お客様のアドレスを毎回記載する必要があるため、手間がかかるという声もございます。手間がかかるのはチョットという方には印刷機能がついたレシートプリンターをおすすめします。

楽天ペイのメリットとは?

楽天ペイの強み

楽天市場でポイントが貯まった方が楽天ペイアプリを通じてお店でお支払いが可能となり、楽天ユーザーの囲い込みができ集客にもつながります。

各ブランドの決済手数料が安い

カードリーダー型を扱っている決済代行会社の中では、各ブランドの決済手数料が業界最安値となっており、お店の方には非常にありがたい決済代行会社となります。

楽天Edyが使用できる点

他の決済代行会社では楽天Edyの利用ができませんが、楽天ペイの決済端末であればご利用可能となります。

楽天銀行お持ちの方

楽天銀行の口座をお持ちで、紐づけ可能であれば、土日祝関係なく毎日入金となり、本日決済が明日入金となります。現金感覚に近く、この点は楽天ペイを使用するうえで一番のメリットとなります。

テーブル決済が可能

お店の中で電波の届く所であれば、あらゆる場所で決済が可能となり、レジ周りで混まないのもメリットとなります。

カードリーダーの色が選べる

カードリーダー型を扱っている決済代行会社では、端末本体の色が選べないなか、楽天ペイのカードリーダーは赤、白、黒と選べる点が強み。お店のカラーに合わせた端末をご利用いただけます。

楽天ペイの入金サイクルについて

楽天銀行お持ちの方

冒頭でも触れましたが、楽天銀行の口座をお持ちで、紐づけが可能であれば、土日祝関係なく翌日自動入金となり、本日決済が明日入金となり、この点は楽天ペイを使用するうえで一番のメリットとなります。

楽天銀行以外の設定の方 

楽天銀行をお持ちではなく違う銀行で設定をされたい方は、自動入金ではなく手動入金となります。

手動で入金依頼を行う必要がございます。良い面でいうと好きなタイミングで加盟店管理画面から入金依頼を行うと、翌日に入金がされます。

ただし金曜日に入金依頼を行うと、土日が銀行がお休みの為、月曜日に入金がされます。

楽天ペイの振込手数料は有料?

各項目楽天銀行の場合楽天銀行以外の場合
振込手数料無料330円(※1回ごとにかかります)

楽天銀行お持ちの方

楽天銀行お持ちの場合、振込手数料は無料となります。

楽天銀行以外の設定の方 

楽天銀行以外の場合、振込手数料は振込回数ごとに330円かかります。

楽天ペイ カードリーダーの故障した場合

各項目カードリーダー
保証期間1年間

楽天ペイのカードリーダーの製品保証に関しては、ご購入後1年間となります。1年経過後の故障に関しては、本体価格19,800円(税込)で購入するようになります。

費用を出すのがネックというお店の方は、カードリーダーを無料で提供しているAirペイがおすすめです。

楽天ペイ サポートセンター電話

各項目楽天ペイ
サポート時間09:30~23:00
電話番号0570-200-234

楽天ペイのサポート時間は9:30〜23:00までとなり、土日祝日も営業。年末年始、ゴールデンウィーク、お盆も変わらず営業しております。

楽天ペイの実際の評判・口コミはどうなの?

楽天ペイを実際に使用しているお店の方に聞くと、

  • ビル中で繋がりが悪い時がたまにある
  • 一括払い(都度払い)だけではなく、回数券や継続課金(サブスク)にも対応してほしい
  • 手動入金なので、毎月の入金作業がめんどくだい
  • カードリーダーのバッテリーの持ちがあまりよくない

なぜ、使用しているかを聞くと、

  • 各ブランドの決済手数料が低い
  • 楽天Edyが使用できる
  • 端末本体の色が選べたから
  • 楽天銀行を持っているので使用している
  • サポート時間が23時まで対応しているから

実際にお店を回っていて感じることは、楽天ペイをご利用するお店の方は、元々楽天が好きなので応援しているという方が多く、そういったお声もよく聞かれました。

まとめ

楽天PAYの特長をまとめてみますと、

  • 月額料金 無料
  • 楽天銀行指定の場合、翌日自動入金
  • 各ブランドの決済手数料が業界最安値
  • 楽天ポイントが貯まる
  • カードリーダーが赤、白、黒の色から選べる

楽天銀行以外の他社の銀行しか設定できなとなれば、個人的には手動入金は振込手数料がかかるうえに毎月手間というイメージがございます。

ただし楽天銀行を紐づけが可能であれば、楽天ペイが最適です。

個人的には

各ブランドの業界最安値の決済手数料

月額料金が無料

楽天銀行を紐づけでければ、最短翌日自動入金を採用

楽天Edy・nanaco・WAONに対応している点

楽天ユーザーの囲い込みができ集客にもつながる点

が楽天ペイのいい部分です。

楽天ペイを導入するにあたり、お店によっては、気になる部分や、いい部分もあるかと思います。それらをふまえて一度検討してみてはいかがでしょうか。

この機会にお店に合った決済代行会社を選びたいので、適正な導入方法を知りたいというお店の方は、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

目次