MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

【stera pack】ステラパック評判は?導入前にデメリット・メリット徹底解説。

引用元:stera pack

大手企業ではstera pack(ステラパック)を既に導入しているお店もございますが、ここ最近小規模(個人)でもご利用するお店が増えてきております。みなさまも1度はご覧になったことがあるのではないでしょうか。

stera packは、三井住友カードのグループ会社であるSMBC GMO PAYMENT株式会社が提供する、決済代行会社となります。

30種類以上のブランドに対応したレシートプリンター内蔵型のオールインワン決済端末となります。

  • 決済+集客機能を標準搭載したオールインワン決済端末
  • 初期費用0円。サブスク型(月額利用料3,300円)
  • ロール紙が無料
  • 入金サイクルは最短5日後
  • 三井住友銀行お持ちの方は振込手数料が無料
  • VISA・Mastercardの手数料が2.7%と業界最安値
  • 1台の端末機で決済ブランド数種30種類以上に対応
\今だけ1年間お試しプラン→月額費用0円/
stera pack

今回は、stera pack(ステラパック)について解説していきたいと思います。

目次

stera pack(ステラパック)の詳細について

サブスク型のシステムで通常こういったオールインワンの端末機の相場が、初期費用に5万前後必要となりますが、stera packはサブスク型の決済端末なので、初期費用0円で始められるのが特徴です。

30種類以上のブランドに対応し、オールインワン決済端末なので見た目もスッキリ。VISA・Mastercardの手数料に関しては2.7%と業界最安値となる決済代行会社ということもあり、大手企業が続々とご利用されております。

月額利用料3,300円の内訳は?

  • 端末利用料
  • レシート・ロール紙代
  • 集客機能(会員証・スタンプカード・クーポン発行・顧客管理)
  • 本体の修理・交換(※加盟店様の故意・過失がない場合に限ります。)

stera pack (ステラパック) 分割払いに対応

通常1回払いが多い中、stera pack では、一括払い・リボルビング払い・分割払い(2,3,5,6,10,12,15,18,20,24回)ボーナス払いにも対応。

※ただし審査状況によっては、ご案内出来ないケースや一部の業種では一括払いのみとなります。

stera pack(ステラパック)決済手数料について

stera packでは、2つのプランがあり、プランごとに手数料が変わります。

  • 【お試しプラン】開業したばかりで、まずは試してみたい店舗
  • 【スタンダードプラン】現在他社で使用中でカード決済額が多い店舗
スクロールできます
決済方法詳細お試しプランスタンダードププラン
初期費用0円0円
月額費用1年間固定費0円月額3,300円
クレジットカード3.24%業界最安値2.7%
クレジットカード
3.24%3.24%
QRコード決済3.24%3.24%
電子マネー3.24%3.24%
※お試しプランの方は14か月目以降、スタンダードプランへ切替となります。※税込み価格

stera pack (ステラパック)では継続的役務提供は受付OK?

特定継続的役務提供とは、長期・継続的な役務(サービス)の提供のことで、高額なコースや回数券等を数か月にわたり継続的にサービスを提供することを指します。

現在ではエステ、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相談所、パソコン教室の7つの役務が対象とされております。

審査が通過しにくい理由として、上記のような業種の場合、メニューによっては、成果が分かりにくい等もありクレーム等を避けるためでもあります。stera packでは、受付自体不可となります。

特定継続的役務提供の詳細は、別記事でご紹介していますので是非参考にして見て下さい。

POSレジとの連携は可能?

stera packでは、POSレジとの連携も可能となっております。

stera pack (ステラパック)のメリットとは?

stera pack (ステラパック) 個人事業主でも受付可能

stera packは、法人の方はもちろん、お店を始めて立ち上げる個人事業主の方でも安心してお申し込みが可能となります。

VISA・Mastercardの決済手数料は業界最安値

スタンダードプランで月額費用がかかりますが、VISA・Mastercardの手数料が破格の2.7%となっており、業界最安値の手数料を実現をしております。

販促機能が搭載

通常、決済だけを目的とした決済代行会社が多い中、【決済】+【集客機能】を標準搭載したオールインワン型の決済端末。

集客機能も搭載しており、追加費用なしでデジタル会員証・スタンプカードの発行、クーポン配布・PUSH通知等がご利用可能となります。

stera pack(ステラパック)の操作性は抜群

本体の大きさは少し気になりますが、その分画面が非常に大きいために操作がしやすいのが特徴です。

引用元:stera pack

レシートプリンターのロール紙は無料

stera packでは、レシートプリンターのロール紙が有料の決済代行会社も多い中、stera packでは月額料金に含まれております。

振込手数料が無料

三井住友銀行に紐づけが可能であれば、毎回の振込手数料が無料となります。

医療・クリニックの方

現在、stera packではクリニック向けの特別決済手数料プランを提供しております。

私の通っている病院内でもstera packをご利用されております。決済手数料が1.5%~という破格の手数料となっており、続々と病院関係の方が導入していることに納得です。

\今なら1年間お試しプラン→月額費用0円/
stera pack

stera pack(ステラパック)を検討するにあたり、いい部分ばかりではなく、もちろん気になる部分もございます。そこは正直にお答えしたいと思います。では気になる点は以下となります。

stera pack(ステラパック)のデメリットは?

回数券、継続決済(サブスク・月謝)の受付がNG

stera packでは、先払い行為にあたる回数券継続課金(月謝)の決済が禁止されており、今後、回数券や継続課金(月謝)の決済を取り入れる店舗様には不向きな決済代行会社となります。

月額料金が発生

stera packでは、お試しプラン中は月額費用が0円のご利用が可能ですが、14ヵ月目以降自動的にスタンダードプランに切り替わるため、月額料金が3300円(税込み)が発生する仕組み。その分VISA・Mastercardの手数料が破格の2.7%でご利用ができます。

店外での決済等はできない

stera packは、有線LANでの常時電源接続必須のため、電源に繋がっていない状態では使えないので、持ち運びができない点がネック。レジ横に置いて決済すると決まっているお店には最適です。

引用元:stera pack

最低利用期間はあるの?

stera packでは3年以内の短期解約の際に関しては、下記の違約金が発生します。

ご利用期間違約金額(端末1台あたり)
お申込月から13ヵ月目以内88,000円
14ヵ月目~25ヵ月目以内66,000円
26ヵ月目~37ヵ月目以内44,000円
※税込み

ただし、

※2022年6月1日からstera packに新規契約された場合、途中解約をご希望の場合、解約お申し出から45 日以内にstera terminal を正常な状態で解約違約金を免除して頂けるので非常に試しやすい環境とはなります。

stera pack(ステラパック)の入金サイクルについて

stera packでは入金サイクルが店舗様で選べ、3種類の入金サイクルがございます。

  • 月 6 回締め 2 営業日後払い
  • 月 2 回締め 2 営業日後払い
  • 月 2 回締め 15 日後払い

月 6 回締め 2 営業日後払い

スクロールできます
締め日振込み日
1日~5日7日
6日~10日12日
11日~15日17日
16日~20日22日
21日~25日27日
26日~末日翌月2日

月 2 回締め 2 営業日後払い

スクロールできます
締め日振込み日
1日~15日17日
16日~末日翌月2日

月 2 回締め 15 日後払い

スクロールできます
締め日振込み日
1日~15日月末入金
16日~末日翌月15日

stera pack(ステラパック)の振込手数料は有料?

スクロールできます
銀行会社振込み手数料
三井住友銀行0円
その他の銀行口座220円
※税込み

stera pack(ステラパック)の実際の評判・口コミは?

現場を回っていると本体の画面が少しばかり大きいので、マメに拭かないと指紋等の汚れが目立つとの声もございましたが、その反面、画面が大きい為に非常に操作が使用しやすい、VISA・Mastercardの手数料が3%を切っているので助かるとの声。

レシートロール紙が無料な点も良いというお声が多数ございます。

stera pack(ステラパック)決済でご用意するもの

  • 光回線【stera packでは、光回線で推奨。本体と常時電源接続必須のため、LAN環境が必要なため、有線LANを推奨】
  • 月額利用料3,300円のお支払いの時に、クレジットカード(VISA・Mastercard・JCB・AMEX・Diners・Discover)が必要
引用元:stera pack

stera pack(ステラパック)導入後のお問い合わせ 

電話番号0120‐044‐877
時間帯24時間365日

操作方法や急なトラブルがあった際でも24時間体制で電話受付が可能なので、導入後でも安心してご利用ができます。

まとめ

stera pack(ステラパック)の特長をまとめてみますと、

stera pack(ステラパック)導入に不向きなお店

  • 本体はコンパクトな方がいい
  • 持ち運びが可能な端末がいい
  • 月額費用を0円におさえたい
  • 店外やイベント催事にも利用がしたい
  • クレジットカードをお持ちでない方

コンパクトな本体で、持ち運びが可能な端末機を探しているお店は下記がおすすめです。

stera pack(ステラパック)導入に適しているお店

  • 売り上げ規模のあるお店
  • 通信環境が安定している方が良い
  • 月額費用がかかっても決済手数料をおさえたい
  • 医療・クリニックの方
  • 電子マネーやQRコードの種類も多い方が良い
  • レシートのロール紙は無料が良い
  • 決済だけではなく集客機能もご利用がしたい方

個人的に良いと感じる点として

  • 通信環境が安定している
  • ロール紙が無料
  • 本体の画面が大きく操作性が抜群
  • お店に必要な集客機能が利用できる点
  • VISA・Mastercardの手数料が破格の2.7%で利用ができる点

大手企業が続々とstera packを導入する程、VISA・Mastercardの決済手数料が低いのでお店側にとっては最大のメリットとなります。

もちろん月額費用はかかるものの毎月VISA・Mastercardの決済額が約61万円以上あるお店の方はstera packが最適となります。

\今だけ1年間お試しプラン→月額費用0円/
stera pack

逆にVISA・Mastercardの決済額が約61万円以下のお店の方は、月額費用がかからない決済代行会社が最適となります。

月額料金がかからない決済代行会社

この機会にお店に合った決済代行会社を選びたいので、適正な導入方法を知りたいというお店の方は、別記事で解説しておりますので、ご興味のある方は是非参考にして見て下さい。

目次