MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

【スマレジ・PAYGATE】の評判は?導入前にデメリット・メリット徹底解説。

大阪に本社を構える東証グロ-ス市場上場の株式会社スマレジ。スマレジがリリースしているのがPAYGATE(ペイゲート)

1台の端末機でクレジットカード決済・QRコード決済・電子マネー決済などに対応しているオールインワン型マルチ決済端末機です。

PAYGATEの特長としまして、端末機自体にSIMが搭載されているために、店外での決済も可能となるのが特徴です。

そのため店内はもちろん(テーブル決済・レジ決済)、店外(宅配・イベント・出張訪問・タクシー)等にも使用されております。

一つの端末機で店外にもご利用したいお店の方には最適な決済代行会社となります。

引用元:PAYGATE

上記の端末機30,800円が無料提供中。※数量限定在庫が無くなり次第終了)となります。

上記の条件に関しては非常に熱いキャンペーンを開催中となっております。

\端末代金30,800円→0円キャンペーン中/
PAYGATE 公式サイト
  • これからキャッシュレス決済を導入を検討中の方
  • 現在、他社で導入しているけれども、この機会に手数料を見直したい方
  • 月額料金がかかってでも端末機1台で済ませたい方
  • 店外でもご利用がしたい
  • お店にネット環境がない方

上記に当てはまる方に向けて、今回はPAYGATE(ペイゲート)について簡潔に解説していきます。

目次

PAYGATE (ペイゲート)詳細について

初期費用・月額料金はかかる?

スクロールできます
項目料金
マルチ決済端末(本体)39,600円が無料
※1店舗に2台目の場合は有料
初期費用0円
月額料金3,300円
※税込み

月額料金には下記が含まれます。

  • クレジットカード決済の使用料
  • QRコード決済の使用料
  • 電子マネー決済の使用料
  • SIM通信費(docomo回線)
  • 管理画面サービス
  • カスタマーサポート(24時間年中無休)

スマレジ・PAYGATE 端末機の詳細について

引用元:PAYGATE

Android搭載のマルチ決済端末機となり、レシートプリンター内蔵型のオールインワンマルチ決済端末。モバイルタイプではございませんので、この端末1台で決済が可能となります。

スマホのような簡単操作で決済ができる為、従業員様の教育が短縮され安心してご利用ができます。

引用元:PAYGATE

スマレジ・PAYGATE 各ブランドの決済手数料

スクロールできます
決済方法各ブランド手数料
クレジットカード2.9%~
QRコード決済
※LINEPayは受付停止
2.0%~
電子マネー3.24%~
※業種・審査等によりご利用できない可能性もございます。

スマレジ・PAYGATE 分割払いは可能?

他社の決済代行会社では通常1回払いが多い中、PAYGATE(ペイゲート)では一括払い、2回払い、分割払い、リボルビング払い、ボーナス払いにも対応しております。

一括払い可能
2回払い可能
分割払い可能
リボルビング払い可能
ボーナス払い可能
※ただし審査状況によっては、ご案内出来ないケースや一部の業種では一括払いのみとなります。

POSレジとの連携も可能

PAYGATEでは、POSレジとの連携も可能となっております。まずは一度資料でご確認したい方は、下記に資料請求をして見て下さい。

直接お話を聞きたい方は、オンラインでのご相談や、ショールームで実際に体験などもしており、ご希望の方は一度確認して見て下さい。

スマレジと連携する場合のみwi-fi環境が必要となります(2.4Ghz帯のみ対応。※5.0Ghzは非対応です。)

スマレジ・PAYGATE メリットとは?

スマレジ・PAYGATE 個人事業主でも受付可能?

PAYGATEは、お店を始めて立ち上げる法人の方はもちろん個人事業主の方でも安心してお申し込みが可能となります。

あらゆるブランドがこの1台で完結!

他社の決済代行会社の中と比べても、クレジットカード以外に使用ができるQRコード決済、電子マネーのブランド数が多く人気のブランドがこの1台でご利用が可能。

引用元:PAYGATE

PAYGATEの良い所は、取り扱いブランドが多いのが特徴ですが、その中でも人気のブランドも取り扱っているため、ご利用する側も助かります。

業界最安値の決済手数料

オールインワンマルチ決済端末を取り扱っている決済代行会社の中でもPAYGATEの決済手数料に関しては、業界最安値となっております。

\お問い合わせ無料 簡単1分/
公式サイト

長持ちするバッテリー搭載

PAYGATEの端末は、一度の充電で48時間(2日間)持つので使用する側からしても、非常に安心材料となります。

4G回線に対応

4G回線が月額料金(3,300円)に含まれており、本体にdocomo回線のSIMが搭載されており、お店にネット環境の予定のないお店の方でもすぐにご利用ができます。

そのため店内だけではなく、店外でご利用するご予定のあるお店の方にはおすすめです。

※ただしPOSレジと連携(スマレジ)する場合に限り、モバイル通信ではなく店内のWi-Fi環境が必要になりますのでご注意下さい。

テーブル決済にも利用

持ち運びが可能な端末機なので、レジ場所以外でも決済が可能となり、例えば飲食店であればテーブルまで端末機持っていき、その場で決済が可能となるため、お客様は座った状態で決済ができるためにお店側・お客様から共に好評です。比較的に入口が狭い店舗様に向いています。

レシートプリンターが内蔵

カードリーダー型の決済方法とは違い、レシートプリンターが本体に内蔵されている為に、レシートプリンター自体の購入をする必要がない点と、レシートプリンターの置き場所が不要のため置き場所自体もスッキリとします。

操作性がシンプルで簡単

PAYGATEの本体は、スマホ感覚で扱え画面が非常に大きいために、非常に操作がしやすい。あと決済スピードも速くお客様を待たせないのが特徴です。

導入後のサポート体制について

PAYGATEでは月額料金がかかりますが、その分、操作方法であったり、急な本体トラブルがあった際に24時間(年中無休)のサポート体制が整っているため、使用する側からすると非常にありがたい決済代行会社となり、夜中・朝方まで稼働しているお店の方には最適です。

PAYGAT(ペイゲート)を検討するにあたり、いい部分ばかりではなく、もちろん気になる部分もございます。そこは正直にお答えしたいと思います。では気になる点は以下となります。

スマレジ・PAYGATE デメリットは?

特定継続的役務提供は受付OK?

特定継続的役務提供とは、長期・継続的な役務(サービス)の提供のことで、高額なコースや回数券等を数か月にわたり継続的にサービスを提供することを指します。

現在ではエステ、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相談所、パソコン教室の7つの役務が対象とされております。

審査が通過しにくい理由として、上記のような業種の場合、メニューによっては、成果が分かりにくい等もありクレーム等を避けるためでもあります。PAYGATEでは受付自体不可となります。

継続的役務提供についての詳細に関しては、別記事でご紹介していますので、是非参考にして見て下さい。

回数券、継続決済(サブスク)の受付がNG

PAYGATEでは、回数券や継続課金(サブスク)の決済が禁止されております。

今後、回数券や継続課金(サブスク)の決済を取り扱っているお店の方は、下記の決済代行会社であれば受付可能となります。

月額料金は必要

月額料金が毎月3,300円かかるのが気になる点かとは思いますが、売上がある程度見込めるお店の方は、PAYGATEの方がカードリーダー決済タイプと比べても決済手数料は後々低く抑えられるので非常にお得になります。

レシートが有料

月額料金にはレシート(ロール紙)代が含まれておらず、別途有料となる点。この点に関してはほとんどの決済代行会社でも有料となるため仕方がない部分でもあります。

スマレジ・PAYGATEの入金サイクルについて

入金元は2箇所で行われます。

スクロールできます
決済の種類回数支払日
クレジットカード・電子マネー決済月2回・末締め翌15日払い
・15日締め当月末払い
QRコード決済月1回・当月末締めの翌月末払い

クレジットカード・電子マネーの入金イメージ

QRコードの入金イメージ

スマレジ・PAYGATEの振込手数料は有料?

PAYGATEでは、振込手数料に関しては掲示されておりませんので、公式サイトから直接問い合わせをするか、オンラインでのご相談や、ショールームで実際に体験などもしており、ご希望の方は一度確認して見て下さい。

\問い合わせ 無料/
公式サイト

スマレジ・PAYGATE 最低契約期間・違約金等はあるの?

今現在、端末0円キャンペーンをしており、このキャンペーンで決済端末0円でご提供される場合は、1年契約の縛りがございます。

1年以内に解約をする場合、月額料金3,300円×残月数が違約金としてかかります。

1年以上使用すれば、解約する際の違約金等はかかりません。

※ただし決済端末を購入している場合は、契約期間等の縛り等はございません。

スマレジ・PAYGATEの実際の評判・口コミは?

以前、飲食店を回っておりますと、PAYGATEを使用している方にお話しを聞きましたが、月額料金がかかるのが気になるとのことでしたが、それ以外の不満が特にないとのことでした。

理由として、

  • 端末が1台で済む点
  • 端末の操作が簡単
  • 使用できる決済ブランドが多い
  • クレジットカードの手数料が安い
  • docomo回線のSIMが搭載しているので決済場所に困らない。
  • POSレジと連携が可能だから

スマレジ・PAYGATE お問い合わせ方法(簡単1分)

現在、端末の無料キャンペーンを実施中。まずは各ブランドの手数料の詳細等を問い合わせで聞くことをおすすめします。

下記の項目だけでサクッとできます。問い合わせフームは公式サイトでお願いします。

問い合わせの入力項目

  • ご担当者
  • 会社名
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 都道府県
  • お問い合わせ内容
\お問い合わせ無料 簡単1分/
公式サイト

スマレジ・PAYGATE 【動画編】

※PAYGATE by スマレジ

まとめ

PAYGATE(ペイゲート)の特長をまとめてみますと、

  • 本体は無料
  • 月額料金3,300円
  • docomoの回線が内臓
  • 使用できる決済ブランド数が多い
  • クレジットカードの手数料が最安値
  • 本体にレシートプリンターが内蔵
  • POSレジ(スマレジ)との連携が可能

飲食店や美容室にもご利用はされておりますが、持ち運びが可能な端末機の為に、特にタクシー業界・キッチンカー・イベント催事で使用されているなと感じます。

PAYGATEの導入に適しているお店

  • 1つの決済端末でご利用したい方
  • 人気のブランドを扱いたい方
  • 月額料金がかかってでも、決済手数料は可能な限り低い方が良い方
  • 店外でご利用したい方
  • 今後レジとの連携も視野に入れている
  • 一括払いでだけではなく、2回払い、分割払い、リボルビング払い、ボーナス払いにも対応したい(※審査状況や業種にもよる)

個人的に良いと感じる点として

端末本体にレシートプリンターが内蔵

扱えるブランド数が多く人気のあるブランドが用意されている

一度の充電で48時間持つのが非常に良い。

POSレジ(スマレジ)と連携ができる点。

持ち運びが非常に便利。(デリバリーや催事にも)

持ち運びが可能で、あらゆるブランドをご利用したい等、利便性を求めるお店の方はPAYGATEが最適です。

手数料で求める方に関しては月額料金が毎月3,300円がかかりますので毎月のクレジットカードの決済額がそこまでないというお店の方には正直決済手数料が低くてもあまりメリットを感じませんので月額料金がかからない決済代行会社をおすすめします。

月額費用がかからない決済代行会社をお探しの方は、

逆に毎月のクレジットカードの決済額がある程度安定して見込める店舗様に関しては月額料金がかかってでも、後々手数料が低い方がコストが抑えられますので、PAYGATEは非常に最適な決済代行会社となります。

  • 各ブランドの決済手数料の確認
  • 振込手数料の確認
  • その他の気になる点

上記を把握をするために、PAYGATEを正式に申し込みをする前に、まずは下記にて公式サイトからお気軽に問い合わせて見てはいかがでしょうか。

\問い合わせ無料 簡単1分/
公式サイト
目次