MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)の手数料は高い?実際の口コミは?

あらゆる決済ブランドがこの1台で対応

PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)は高品質な端末機のため、本体価格が78,800円(税抜き)が必要です。

引用元:PayPay公式サイト

ただし現時点ではPayPayの公式サイトからのお申し込みということであれば、今なら特別セットプランが適用でき、導入費用を掛けずに始められます。

今回は、PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)について簡潔に解説させていただきます。

\PayPay経由でお得に導入する/
PayPay 公式サイト
目次

PayCAS Mobile 詳細について

PayCAS Mobileとは

PayCAS Mobileとは、PayPay株式会社が提供する端末機となり、Softbank回線のSIMが搭載したレシートプリンター内蔵型の決済端末機です。この1台でクレッジトカード・QRコード決済・電子マネーが扱える端末機となります。

PayCAS Mobileでは個人事業主でも受付可能?

法人の方はもちろん、お店を始めて立ち上げる個人事業主の方でも安心してお申し込みが可能となります。

PayCAS Mobileをご利用する場合に初期費用は必要?

PayCAS Mobileに関しては、単独でお申し込みする場合PayPay経由での2種類がございます。

初期費用を抑えて導入をご検討の方は必ず、PayPay経由で特別セットプランでお申し込みするのが最適です。4年間の縛り等がございますが、本体価格が無料で開始ができるうえに、月額料金にも差がでます。

 項目単独でお申し込みの場合PayPay経由でお申し込みの場合
本体価格78,800円(税抜き)0円
月額料金4,000円~/1台1,980円~/1台(通信費含む・税抜き)
違約金
※月額利用料金は、月末締め(翌月15日振込分)と相殺いたします。

取り扱いブランドについて

引用元:PayPay公式サイト

PayCAS Mobileの特徴として、扱えるブランドが豊富にあり、人気のブランドもしっかりと取り入れている点が強みとなります。

  • WeChatPayは法人の方のみ、お申し込みが可能
  • 各決済ブランドごとの審査となりますため、1部のブランドのみ導入不可となるケースもございます。

PayCAS Mobile 決済方法(分割払い)

PayCAS Mobileの決済方法は、一括払い分割払いに対応しております。

※ただし分割払いに関しては受付自体は可能ですが、業種や審査等で使用できない可能性もございます。

PayCAS Mobile端末本体の詳細について

paycas mobileの端末機は、この1台であらゆる決済が可能となります。

クレジットカードを通す磁気カードリーダー

クレジットカードを差し込むICチップリーダー

QRコード決済をカメラで読み取る

電子マネーをタッチ決済

PayCAS Mobileの充電クレードルは有料?

充電クレードルとは、Wi-Fi環境ではなく有線LANでの接続も可能となっております。PayPay経由でお申し込みの場合は、本体自体に関しては無料で導入が可能となりますが、充電クレードルをご希望の方はオプションとはなり9,000円(税抜き)がかかります。

PayCAS Mobileの入金サイクルについて

入金サイクルは月2回の入金となります。閉め日支払日は下記となります。

締め日支払日
当月15日締め当月末 ※1
当月末締め翌月15日 ※2
※1 支払日が金融機関休業日の場合は前営業日支払い※2 支払日が金融機関休業日の場合は翌営業日支払い

※PayCAS Mobileでは、早期振込サービスには対応しておりません

PayCAS Mobileの振込手数料は有料?

月2回の振込手数料に関しては共に無料となります。

単独での契約とPayPay経由での契約では決済手数料に違いも!

PayPay経由特別セットプランでお申し込みの場合では導入費用・月額費用ともお得になりますが、さらに一部の決済ブランドの手数料に関してもお安くなってご利用ができるので非常にお得となります。

単独でのお申し込みの場合

VISA・MasterCard3.24%(非課税)
JCB・AMEX・DinersClub・DISCOVER3.24%(税別)
銀聯3.24%(非課税)
PayPay3.24%(税別)
auPAY・d払い・メルペイ・楽天ペイ・J-CoinPay3.24%(税別)
Alipay・WeChatPay・銀聯QR・JKOPAY3.24%(非課税)
交通系電子マネー2.95%(税別)
楽天Edy・nanaco・WAON・ID2.95%(税別)
QUICPay3.24%(税別)

PayPay経由でのお申し込みの場合

VISA・MasterCard2.8%(非課税)
JCB・AMEX・DinersClub・DISCOVER3.24%(税別)
銀聯3.24%(非課税)
PayPay2.8%(税別)
auPAY・d払い・メルペイ・楽天ペイ・J-CoinPay2.95%(税別)
Alipay・WeChatPay・銀聯QR・JKOPAY3.24%(非課税)
交通系電子マネー2.95%(税別)
楽天Edy・nanaco・WAON・ID2.95%(税別)
QUICPay3.24%(税別)

PayPay経由でお申し込みの場合、VISA・MasterCardが、3.24%→2.8%でのご利用可能となりますので、0.44%お得になりますので、非常に使いやすい環境となります。

スクロールできます
VISA・MasterCard 売上3.24%2.8%差額
50万16,200円14,000円△2,200円
100万32,400円28,000円△4,400円
150万48,600円42,000円△6,600円
200万64,800円56,000円△8,800円
250万81,000円70,000円△11,000円
300万97,200円84,000円△13,200円
500万162,000円140,000円△22,000円
1000万324,000円280,000円△44,000円

上記の通り、比較をさせていただきましたが、これが毎月となってくると年間かなりの金額の差が生まれます。

さらにVISA・MasterCard以外にも、QRコード決済のPayPay・auPAY・d払い・メルペイ・楽天ペイ・J-CoinPayがお得なっていますので、PayCAS Mobileをご利用するのであれば、PayPay経由一択となります。

\PayPay経由でお得に導入する/
PayPay 公式サイト

PayCAS Mobileのメリットとは?

この1台で全てが完結

オールインワンマルチ決済端末なので、タブレットのご用意は不要・レシートプリンターのご用意も不要。この1台であらゆる決済が可能となります。

売上管理の一元化

扱える決済ブランドが増えるとお店側ではうれしいけど、各ブランドの売上管理が大変と思う方もおられますが、PayCAS Mobileでは、売上管理の一元化ができるため、作業効率が上がります。

Softbank回線のSIMが内蔵

PayCAS Mobileの本体にはSoftbank回線のSIMが搭載されており、Softbankの電波が届いている場所であれば自由に持ち運びが可能となります。

通常インターネット環境を整えると5,000円前後はします。お店の方でキャッシュレス決済を導入するためだけに、ネット環境を整えるのは?というお店の方には最適な端末機となります。

使い道として

  • 店内で利用するのもOK
  • 店外専用でご利用するのもOK
  • 店内・店外ともにご利用するのもOK

使い道はお店次第となります。

Wi-Fiのご利用も可能

ソフトバンク回線でトラブルがあった際でも、店内であればWi-Fiに切り替えれば決済のご利用は可能となります。モバイルルータースマホでのテザリング等も可能となります。

PayCAS Mobile実際にかかる月額費用は?

PayCAS Mobileをご利用の場合、月額料金として1,980円(税抜き)がかかります。冒頭でも触れましたが、1,980円(税抜き)の中にソフトバンク回線の通信費も含まれております。

ただし、気をつける点としてPayCAS Mobileで扱えるブランドは上記となりますが、1,980円(税抜き)で上記のブランドが全てが取り扱える訳ではございません。

1,980円(税抜き)のプランは、クレジットカード・QRコード決済のみの取り扱いとなります。※通信費込みです。

電子マネーをご希望されるお店の方は、別途1,020円(税抜き)かかります。

クレジットカード・QRコード決済・電子マネーをご希望の場合

月額費料金1,980円
電子マネー(ご利用の場合)1,020円
合計3,000円
※税抜き

クレジットカード・QRコード決済・電子マネーをご利用する場合、3,000円(税抜き)となります。※通信費込みです。

メリットとして

オールインワン決済端末を提供している決済代行会社であれば通常3,300円(税込み)がかかります。うちのお店では電子マネーが不要なので月額料金を下げて下さい。とはできません。

PayCAS Mobileであれば、電子マネーがオプションとなっているため、電子マネーの取り扱いは不要ということであれば、1,980円(税抜き)でご利用ができますので、ここの部分に関しては、他の決済代行会社と比べても、非常にいいプランをご用意しております。

PayCAS Mobile電子マネーの扱いは必須ではございませんので、始めは申し込みをせずに、お店の方で電子マネーのニーズがあれば、後から追加することも可能となりますので、一度様子を見てみてはいかがでしょうか。

※ただし、電子マネーの審査に関しては、通常のブランドよりも審査に時間がかかりますので余裕をもって申し込みをして頂ければと思います。

PayCAS Mobilをご利用する選択肢として、お店側でプランが選べるという点は非常に良い部分でもあります。

\PayPay経由で本体無料/
PayPay 公式サイト

SIMが搭載されたオールインワン型をお探しで、もっと月額費用を抑えたいという方は下記の決済代行会社が最安値の月額料金となります。

本体自体がコンパクト

従来の置き型の端末機とは違い、マルチ端末の場合、持ち運びが可能な端末機という点から、メリットもございますが、逆に手に持ち決済をすることになりますので、地面に落とす可能性が少なからずございます。

PayCAS Mobilは比較的に、マルチ端末機の中でも、本体自体がコンパクトなうえ軽量なので、非常に持ちやすいという印象です。

PayCAS MobileではPOSレジとの連携は可能?

PayCAS MobilはPOSレジとの連携も可能となっておりますが、POSレジ機種によって連携ができない場合もございます。

導入後のサポート体制について

PayCAS Mobilでご利用する場合、操作方法やトラブル等が起きた場合、電話窓口が24時間(年中無休)体制と整えておりますので、急なトラブルでも安心してご利用ができます。

※PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)を検討するにあたり、いい部分ばかりではなく、もちろん気になる部分もございます。そこは正直にお答えしたいと思います。では気になる点は以下となります。

PayCAS Mobileのデメリットは?

PayPayの決済手数料が高い

上記のようなPayPay置き型スタンドと言いお客様側の携帯端末から金額を入力する決済方法(ユーザースキャン)。ほとんどの方はレジの横やレジ前に置いているのを見たことがあるかとは思いますが、こちらでPayPayを決済すると、

プラン月額費用手数料
PayPayマイストア ライトプラン料金(未加入)0円1.98%
PayPayマイストア ライトプラン料金(加入)毎月1,980円1.6%
※税別

無料プランの方で1.98%、有料プランで1.6%で決済ができます。

PayCAS MobileでPayPayを決済すると2.8%(税別)となるため少々割高となります。

PayPay置き型スタンド(ユーザースキャン)お客様側の携帯端末で金額を入力する決済方法
PayCAS Mobile(ストアスキャン)こちらの端末機で金額を入力する決済方法

ただPayCAS Mobileでのご利用の場合、置き型スタンドと比べると、手数料は少々割高にはなりますが、お店側で金額を入力するためお客様の携帯で金額を確認する作業が減りますので、悪い点ばかりではございません。

それでもPayPayの手数料が安い方がいい。QRコード決済のみ使用ができればいいという方は、置き型タイプのPayPayが最適です。ご希望の方は別記事でご紹介しておりますので参考にして見て下さい。

ここでお店様からよくあるご質問が、現在PayPayQRコード決済タイプ(置き型スタンド)を利用しているので、PayCAS Mobile を追加して上手く使い分けができるの?というご質問を受けますが、残念ながら併用でのご利用はできません。完全にどちらかに切り替えるという感じになってしまいます。

PayCAS MobileでPayPayをご利用する場合2.8%(税抜き)がかかりますが、、他の決済代行会社ではもう少し高くなります。

PayCAS Mobile 回数券のご利用について

PayCAS Mobileでは回数券のご利用は不可となります。

回数券のご利用をご希望の方は下記の決済代行会社であればご利用が可能です。

PayCAS Mobileの違約金は発生する?

PayPay経由でPayCAS Mobileをご利用する場合、非常にいい条件でのご提供となるため、短期間での解約となると、違約金が発生しますのでご注意ください。

解約日1台あたりの違約金
13ヵ月以内66,000円
25ヵ月以内49,500円
37ヵ月以内33,000円
49ヵ月以内16,500円

とりあえず申し込みをして実際に試してみて合わなければ、すぐに解約しようというお店の方には正直おすすめしません。

ただし現在何年もお店でキャッシュレス決済を使用している方や4年以上使用ができると判断できるお店の方には非常に最適な決済代行会社となります。

\PayPay経由でお得に導入する/
PayPay 公式サイト

PayCAS Mobileのロール紙について

PayCAS Mobileをご利用するにあたりレシートのロール紙は有料となります。

PayCAS Mobileの審査は厳しい?

PayCAS Mobile審査は厳しいの?というご質問もございますが、通常審査自体は、そこまで厳しいという印象はございません。

ただし、特定継続的役務提供に該当する場合は受付自体がNGとなっております。

特定継続的役務提供とは、長期・継続的な役務(サービス)の提供のことで、高額なコースや回数券等を数か月にわたり継続的にサービスを提供することを指します。

現在ではエステ、美容医療、語学教室、家庭教師、学習塾、結婚相談所、パソコン教室の7つの役務が対象とされております。

審査が通過しにくい理由として、上記のような業種の場合、メニューによっては、成果が分かりにくい等もありクレーム等を避けるために、PayCAS Mobileに限らず他の決済代行会社でも審査が通過しにくいのが現状です。

特定継続的役務提供についての詳細は、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

特定継続的役務提供に該当する場合の方は、下記の決済代行会社であれば受付自体は可能です。

PayCAS Mobileの端末保証期間は?

こういったオールインワン決済端末の保証期間が1年間というのが多い中、PayCAS Mobileの本体の故障に関しては、4年間のメーカー保証が付いております。

この点は使用する側からすると思っている以上にメリットがあり、非常に安心材料となり、端末の保証に関してはしっかりと体制を整えている印象です。

PayCAS Mobileの実際の口コミ・評判は?

現場を回っていると、PayCAS Mobileを利用している店舗様に出会いました。飲食店の方でしたが、まだ導入して2ヶ月目とのことでした。

実際に使用してみた感想をお聞きすると

  • レジ周りがスッキリした
  • 1台であらゆる決済が完結するのが良い
  • スマホ感覚で決済ができ処理速度も速い
  • 本体自体がコンパクトなので持ち運びがしやすい。(本体重量458g バッテリー含)
  • ストアスキャンの対応しているため、こちらで金額を入力するの安心

気になる点としては

  • 売上金の入金サイクルがもう少し増えれば助かる

違約金等の心配はないですか?というご質問に関しては、4年以内で切り替える予定はないので気にしていないとのことでした。

\PayPay経由で本体無料/
PayPay 公式サイト

PayCAS Mobile 【動画編】

お得なキャンペーン情報

各項目他サイトからの申し込みPayPay公式サイトからの申し込み
本体価格78,800円(税抜き)0円
クレジットカード手数料3.24%2.8%~
PayPay手数料3.242.8%

PayCAS MobileをPayPay公式サイトからお申し込みすると

  • 本体価格が無料
  • クレジットカードの決済手数料の引き下げ
  • PayPayの決済手数料の引き下げ

上記の特典を手にすることができます。PayCAS Mobileで導入を検討している方は、PayPay公式サイトからのお申し込みが一番お得になります。

\PayPay経由でお得に導入する/
PayPay 公式サイト

まとめ

今回は、PayCAS Mobileについて解説させていただきましたが、下記の理由でPayCAS Mobileをご利用するということであれば非常におすすめの端末機となります。

PayCAS Mobileこんな方に最適

  • あらゆる決済を1社でまとめたい
  • 決済手数料は可能な限り低い方が良い
  • PayPayの利用率が高いお店の方
  • 決済対応ブランド数を増やしたい
  • 電子マネーは利用しないので月額費用は抑えたい
  • 本体自体がコンパクトが良い
  • 店舗でネットを引く予定がない
  • 持ち運べる端末機を探している
  • 24時間体制でお店稼働をしている
  • 4年以上はご利用できる
  • スマホ感覚で操作をしたい
  • レジ周りをスッキリとさせたい

現在、据置型をご利用中で、これから新しくお店をOPENする方。もしくは、今既に据置型の端末機をご利用中で、この機会に決済手数料を見直したい持ち運べる端末機に変更したい対応ブランドを今より増やしたいお店の方には、非常に向いており、お店にとって最適な決済端末機となります。

オールインワン型マルチ決済端末機を取り扱っている決済代行会社の中でもPayCAS Mobileの決済手数料に関しては非常にお得です。

冒頭でも触れましたが、使用するにあたり4年間の縛りがございますが、その分4年間の端末保障が付いているので、導入後安心してご利用ができます。

\PayPay経由でお得に導入する/
PayPay 公式サイト
目次