MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

個人タクシーに最適なキャッシュレス決済端末。おすすめ3選!!!

ここ最近、個人タクシー様からのキャッシュレスを検討しているんだけども、どこの決済代行会社で導入すればいいのか分からないとのお声を頻繁にお聞きします。

通常、キャッシュレス決済を導入するとなるとWi-Fi環境をご用意する必要がございます。

タクシー業界でご利用となると店外でのご利用となるためSIM回線を搭載している端末機が非常に人気で使用がされております。

なぜならSIM回線搭載の端末機を選択すれば、わざわざWi-Fi環境のご用意をしなくて構わないために非常に始めやすい環境となります。

今回はタクシー業界の方で、キャッシュレス決済をご検討している方に向け、分かりやすく解説をさせて頂きます。

おすすめ決済代行会社

決済代行会社
アルファノート

PAYGATE

PayCAS Mobile
本体価格68,000円36,000円78,800円
導入費用0円0円0円(条件による)
月額料金900円~2,980円3,000円2,178円~3000円
決済手数料3.24%~2.9%~2.8%~
入金サイクル月1~2回月1回~2回月2回
SIM回線docomo回線docomo回線Softbank回線
詳細詳細詳細
※税抜き表示

アルファノート

PAYGATE

\端末代金39,600円→0円キャンペーン/
PAYGATE 公式サイト

PayCAS Mobile

目次

タクシー支払いをキャッシュレス対応に 

以前までは、支払は現金のみで十分という個人タクシーの方も多く居てたかと思いますが、今現在、キャッシュレス決済が当たりまえな状況。さらに外国人観光客のご利用も増え、そろそろ対応していかないといけないと感じる方も多いのではないでしょうか。

今後の機会損失を防ぐ為にキャッシュレス決済の導入をおすすめします。

決済端末機を選ぶポイントについて

決済端末機の確認

以前までは、キャッシュレス決済と言えば、店内のレジ横に置いている据え置き型の決済端末機が常識でしたが、ここ最近持ち運びが可能なモバイル決済(Wi-Fiや4G回線)のご利用が増えてきております。

モバイル決済端末機に中でも、カードリーダー型オールインワン型の2種類がございます。

カードリーダー型

カードリーダー型の特長として、カードリーダーとスマホ or タブレットと連携をして決済するタイプとなります。(Wi-Fi・4G回線のどちらかが必要となります)

  • カードリーダー本体
  • スマホorタブレット
  • レシートプリンター

の3種類が必要となってきます。

ご利用するスマホ or タブレットに4G回線が搭載されているのであれば、Wi-Fi環境のご用意は不要となりますが、レシートプリンターが必要な方はレシートプリンターを別途購入しなければなりません。

レシートプリンターが必要となると機器だけでも3種類を車の中に置いておかなければなりません。置き場所のことも踏まえると、カードリーダー型の決済端末はあまりオススメではございません。

オールインワン型

タクシー業界の方には、オールインワン型の決済端末機が最適です。オールインワン型は、ここ最近店内でのご利用はもちろん、店外でのご利用にも使用がされております。

理由としまして、本体自体にレシートプリンターが内蔵されているため、あらゆるブランドの決済がこの1台で完結するので非常に便利な端末機となります。

レシートプリンターが内蔵しているため、別途レシートプリンターの購入する必要がございませんし、1台の機器で完結するために狭い車の中でも置き場所に困りません。

という理由で、今回はオールインワン型の端末機でのご紹介となります。

カードリーダー型をご希望の方は、下記を参考にして見て下さい。

SIM回線の確認

今回は、docomo回線softbank回線を使用している決済代行会社ですので、ほとんどのエリアでのご利用が可能となります。

ただし、こちらに関してはご利用する方でエリアが変わりますので、使用する回線に問題(電波状況)がないかどうかを一度確認することをおすすめします。

対応決済ブランドの確認

ここ最近、クレジットカード決済だけではなく、QRコード、電子マネー等のご利用するお客様も年々増えてきております。

タクシー側でそういったブランドにも対応していますと、お客様も安心して乗車ができるのではないでしょうか。

各決済代行会社で扱うブランドも異なるため、導入前には必ず確認することおすすめします。

導入後のサポート体制

導入後、はじめの頃は、操作方法であったり、間違えて決済してしまい取消しを行いたい等、現場でそういった状況に遭遇することは少なからずあるかも知れません。

そういった場面も踏まえ、タクシー業界の方は24時間体制を整えている決済代行会社で選択することをおすすめします。

18時頃にはサポートが終了する決済代行会社もございますので、導入する前に各決済代行会社でのサポート時間等も確認することをおすすめします。

アルファノートの基本情報について

導入費用

引用元:アルファノート公式サイト

アルファノートのA8決済端末に関しては、通常価格74,800円(税込み)での販売となりますが、現時点キャンペーンを開催中ともあり、0円導入でご利用が可能となっております。

対応の決済ブランド

アルファノートでは、上記ブランドの取り扱いが可能となっており、人気ブランドも取り扱っております。電子マネーはオプションになっているのが特徴です。

月額料金

アルファノートでは、豊富なプランがあるために月額料金0円~3,278円(税込み)のプランが人気です。

特長として、電子マネーのブランドはオプションとなっておりますので、不要な方は取扱い不可でも可能となります。月額料金もその分お安くご利用が可能となります。

さらにオールインワン型で月額費用が0円でご利用ができるプランもあり、月額料金を抑えたい方には最適な決済代行会社となります。

各ブランドの決済手数料

決済手数料に関しては、3.24%~となっております。各ブランドによって変わります。ただし業種によっては、3.24%以下の場合もございます。

入金サイクル

アルファノートでは、月1回~2回となります。

振込手数料

振込手数料に関しては有料となります。

SIM回線

アルファノートのSIM回線ご希望の方は、docomo回線のご利用となります。SIM回線はオプションとなっており、ご不要ということであればSIM回線にかかる月額料金は発生しません。

サポート体制

各項目アルファノート
電話番号03-5909-1690
時間帯24時間365日

アルファノートでは、加盟店様に対して24時間年中無休でのサポート体制を整えておりますのでタクシー業界の方には安心してご利用ができます。

スマレジ・PAYGATEの基本情報について

導入費用

引用元:スマレジPAYGATE公式サイト

通常PAYGATEの販売価格は39,600円(税込)となっておりますが、現時点キャンペーンにともない無料で提供して頂けます。ただし、数量限定となっておりますのでご注意ください。

\端末代金39,600円→0円キャンペーン中/
PAYGATE 公式サイト

対応の決済ブランド

PAYGATEでは、あらゆるブランドの取り扱いがございます。人気のブランドも取り扱っているのが特徴です。

月額料金

PAYGATEでは、上記ブランドのご利用が可能となり、月額料金は3,300円(docomo回線込み)となっております。

各ブランドの決済手数料

決済手数料に関しては、クレジットカードの決済手数料は2.9%~となっております。各ブランドによって変わります。

入金サイクル

PAYGATEご利用の場合、入金元は2箇所で行われます。

決済ブランド回数支払日
クレジットカード・電子マネー月2回・末締め翌15日払い
・15日締め当月末払い
QRコード月1回当月末締めの翌月末払い

クレジットカード・電子マネーに関しては、月2回に入金となり、QRコードの場合は、月1回の入金となります。

振込手数料

振込手数料に関しては公式サイトで公開がされておりません。確認ご希望の方は、一度お問い合わせをして見て下さい。

\お問い合わせ無料/
PAYGATE 公式サイト

SIM回線

PAYGATEのSIM回線は、docomo回線のご利用となります。

サポート体制

各項目スマレジPAYGATE
時間帯24時間365日

PAYGATEの場合、導入後のサポート体制に関しては、24時間年中無休で対応しており、タクシー業界の方にも安心してご利用が可能となります。

PayCAS Mobile(ペイキャスモバイル)の基本情報について

導入費用

引用元:PayPay公式サイト

通常PayCAS Mobileの販売価格は78,800円(税抜き)となっております。端末代金を無料で手に入れる場合、PayPay公式サイトからお申し込みした方のみが対象となりますのでご注意ください。

対応の決済ブランド

PayCAS Mobileでも人気のブランドを取り扱っているのが特徴です。

月額料金

クレジットカード・QRコード1,980円
電子マネー(オプション)1,020円
合計3,000円
※税抜き

PayCAS Mobileでの月額料金に関しては、電子マネーの取り扱いがオプションとなっているため、費用自体も変わってきます。

クレジットカード・QRコードのみの取り扱いであれば、月額料金1980円(税抜き)。電子マネーにも対応したいという方は、月額料金3,000円(税抜き)となります。※共にSoftbank回線込み料金となります。

各ブランドの決済手数料

PayCAS Mobileの特長としては、PayPay経由でのお申し込みであればPayPayの決済手数料が1番低い決済代行会社となります。PayPayをよく使用される予定の方には最適な決済代行会社となります。

さらにクレジットカードの決済手数料は3.24%となりますが、PayPay公式サイトからのお申し込みであれば、業界最安値の2.8%~からのご利用が適応となりますので非常にお得です。

上記の特典から、PayCAS Mobileを申し込むのであれば、PayPay公式サイトから申し込むパターンが一番お得にご利用ができます。

各ブランドの詳細に関しては、PayPay公式サイトで一度確認をして見て下さい。

入金サイクル

各項目PayCAS Mobile
入金サイクル月2回
  • 1日~15日決済分→当月末支払い
  • 16日~月末決済分→翌月15日支払

振込手数料

各項目PayCAS Mobile
振込手数料無料

PayCAS Mobileでは、月2回分の振込手数料に関しては無料となります。

SIM回線

PayCAS MobileのSIM回線は、Softbank回線でのご利用となります。Softbank回線に問題ないお店の方にはおすすめです。

サポート体制

各項目PayCAS Mobile
電話番号0120-002-286
時間帯24時間365日

PayCAS Mobileの場合、導入後のサポート体制に関しては、こちらも24時間年中無休で対応しており、タクシー業界の方には安心してご利用が可能となります。

各社の審査期間について

各項目アルファノートPAYGATEPayCAS Mobile
審査期間の目安最短10日~1.5ヵ月1ヵ月~2ヶ月2週間~1.5ヶ月
※あくまでも目安期間となります。

各決済代行会社共に各ブランドによって審査期間が変わります。どこの決済代行会社でもそうですが、比較的にJCB・アメックス・ダイナーズ・QRコード・電子マネーに関しては、VISA・Mastercardに比べて審査に時間がかかります。

各ブランドの審査を開始するには必ず提出書類が必要となり、お申し込みはしたけれど書類が提出されなけば、審査自体が開始されず、導入自体がどんどん遅れてきます。

そういう面もふまえて余裕をもって申し込みすることをおすすめします。

まとめ

今回は個人タクシーの方に向け解説させて頂きました。

今回ご紹介した決済代行会社に関しては、タクシー業界に合った決済代行会社を選ばせていただきました。

タクシー業界の方が、ご利用するにあたりオールインワン型の決済端末機が間違いなく扱いやすい環境となるはずです。

この記事を参考に自分の所にあったキャッシュレス決済代行会社を選んで頂けると幸いです。

目次