MENU
※当サイトは一部プロモーションが含まれています

【日本初上陸】スクエア決済のTap to Payとは?Androidスマホが決済端末に!?

スマートフォンだけで、タッチ決済可能に

0円から始められるキャッシュレス決済

まずはお気軽にキャッシュレス決済を導入したい方に最適です

引用元:Square

こういう方に最適

  • NFC対応のAndroidスマートフォンを持っている
  • スマートフォンのみで決済したい方
  • 導入費0円でお気軽に始めたい
  • 今のお店に予備用として持っておきたい方
  • 場所は固定されずに、どこでも決済ができるようにしたい

今回はSquare(スクエア)から発売されたTap to Payについて解説していきます。

目次

Tap to Payとは

Tap to Payは、今までにない決済のことで、従来は決済端末を通して決済ですが、Tap to Payは新しい決済方法で、各決済代行会社の決済端末がなくても、スマートフォンのみで決済ができる新しい決済手法となります。

Square(スクエア)Tap to Payいつから?

Squareから2023年9月日6日にTap to Payが提供が開始され日本では初上陸となります。

Tap to Pay 特長

よく決済端末を利用してのタッチ決済はどこのお店でもございますが、決済端末がスマートフォンで、直接ケイタイにかざすタッチ決済は日本ではじめてのことです。

ご用意する物

NFC対応のAndroidスマートフォン(Android9以上搭載)が必要となります。のみとなります。決済端末が不要なために導入しやすいのが特徴です。

Square(スクエア)対応可能な機種の確認はこちら

Tap to Payの導入費用について

決済端末が不要なために導入するにあたり初期費用0円で始められます。

Tap to PaySquareの各ブランドの決済手数料は?

決済の種類各ブランド手数料
クレジットカード一律3.25%
QRコード決済3.25%

Tap to Payでご利用可能なブランドはじょうきとなります。各ブランドごとに手数料が一律ですので非常に分かりやすいのが特徴です。

Square(スクエア)Tap to Payのメリットは?

お気軽に始められる

Tap to Payのメリットは、導入費用月額料金振込手数料が無料。かかる費用は各ブランドの決済手数料のみ。最短当日15分で審査が分かるために非常に始めやすい商品となります。

スピーディーに決済ができる

スマートフォン一つでの決済手法なので、スピーディーな決済が可能となります。

長期契約不要

契約期間の縛りもなく違約金等もございません。非常に始めやすい条件ではあります。

セキュリティ面

お客様のカード番号は、決済を受け付けたお店側のスマートフォンに保存されないために、お客様側もお店側も安心だ材料かと思われます。

Square(スクエア)のTap to Payを検討するにあたり、いい部分ばかりではなく、もちろん気になる部分もございます。そこは正直にお答えしたいと思います。では気になる点は以下となります。

Square(スクエア)Tap to Payのデメリットは?

電子マネーの決済ができない

通常Squareでは交通系の電子マネーの取り扱いがございますが、Tap to Payでは、非対応となっておりご利用ができません。

もし電子マネーをご希望の方は、Squareリーダーであればご利用可能となります。

Squareリーダーの詳細は、別記事で解説しておりますので、是非参考にして見て下さい。

タッチ決済対応ではないクレジットカードの決済不可

ほとんどのクレジットカードはタッチ決済対応のカードかと思われますが、古いクレジットカードの場合タッチ決済に対応していないカードとなるため、お店はでは決済ができません。

タッチ決済対応かどうかの確認は、下記のようなマークがれば、タッチ決済が対応のカードとなります。

もし上記のようなマークがない場合は、クレジットカード情報の手入力による決済となります。

現在のクレジットカードの特長は

  • タッチ決済対応のクレジットカード
  • タッチ決済対応ではなくICチップが付いているクレジットカード
  • タッチ決済対応ではなくICチップが付いていないクレジットカード

があり、タッチ決済が対応ではないクレッジトカードにもしっかりと対応したいという方は、下記の決済端末がおすすめです。比較的、始めやすい決済代行会社です。

サインが必要になることも

通常、Tap to Payはタッチ決済での決済手法となりますが、Tap to Payの場合、決済金額が15,001円以上だとサインが求められます。クレジットカードを読み込んだ後に、サイン画面に切り替わりますので、お客様にサインをいただきましょう。

Androidを持っていない方

SquareのTap to Payは、現状NFC対応のAndroidスマートフォンしか対応していないため、お持ちでない方はご購入する必要ございます。

レシートが出ない

スマートフォン決済という事もあり、レシートが出ません。業種によってはレシートが必ず必要というお店もございますが、レシートがなく決済端末だけで使用している所もここ最近増えてきておりますが、お客様のSMSやメールアドレス宛に電子レシートで送付することは可能です。

レシートプリンターが内蔵している端末機をお探しの方は、下記の決済代行会社を参考にして見て下さい。

Square(スクエア)Tap to Payの始め方について

SquareのTap to Payは、非常に簡単に始められるのが特徴です。

STEP
Squareアカウントの作成

まずは、Square公式サイトからアカウント作成をしましょう。お店の必要な情報を入力。およそ5分。

STEP
各ブランドの審査開始

アカウントを作成後、すぐにVISA・MasterCard審査が行われます。早い方であれば最短当日15分で結果がでます。※申し込み状況にもよります。

STEP
アプリをダウンロード

審査通過後のメールがくれば、お持ちのスマートフォンに専用アプリ(SquarePosレジアプリ)ダウンロード

STEP
ご利用開始

Tap to Payは決済端末が不要なので、アプリをダウンロード後すぐに使用ができます。

通常であれば、申し込み後に審査が始まりますが、審査後に決済端末が送られてくるという流れが通常です。端末が届くまで初期設定ができないという状況がございますが、Tap to Payの場合、お手持ちのスマートフォンがあるので、すぐに始められます。

Squareの審査結果は最短15分となり圧倒的な速さで導入が可能となります。

\導入費0円・月額費用0円・違約金なし/
Square公式サイト

Square(スクエア)Tap to Payの使い方について

STEP
(お店側)商品を読み取るか、金額を打ち込みます
STEP
(お客様側)タッチ決済対応のカードを用意していただきます
STEP
(お客様側)お客様のクレジットカードorスマートフォンを、お店側のスマートフォンの背面にタッチする
STEP
決済完了

Square(スクエア)Tap to Pay【動画編】

まとめ

SquareのTap to Payの印象は、気軽にお店に導入ができ、気軽に決済ができるという印象を受けました。各ブランドの手数料も一律で分かりやすく比較的に抑えられている。

導入費用0円
月額費用0円
各ブランドの手数料(※)3.25%
振込手数料0円
違約金

※売上金の入金はいつ入るの?という疑問に関しては、別の記事で解説しておりますので是非参考にして見て下さい。

ただ個人的には、

  • 急なイベントや宅配等で利用する
  • お店一人で運営して、気軽にキャッシュレス決済を始めたい
  • 今は他の決済代行会社で利用しているが、予備用として使いたい

上記を目的とした方には導入はおすすめです。

個人的な意見にはなりますが、SquareのTap to Payは、全てのブランドが決済ができる訳ではないので、本格的にお店を開業しTap to Pay一本でするのは不向きかと思います。

ただし、既にNFC対応のAndroidスマートフォンのお持ちで、まずは費用をかけずに手軽に始めたい現在他社で使用しており、急な故障のトラブル回避にも予備用として持っておくには、非常に良いアイテムかと思います。

\導入費0円・月額費用0円・違約金なし/
Square公式サイト

現時点でのSquareのキャンペーン情報に関しては、別記事でご紹介していますので是非参考にして見てください。

目次