※当サイトは一部プロモーションが含まれています

エブリィフレシャスを徹底解剖!メリット・デメリットについて深掘り解説

ウォーターサーバーが注目を集めています。

自分の家でも導入してみようかなと考えている方も増えているかもしれません。

ただ、もっと手軽にウォーターサーバーを利用したいと思っている方も多いのではないでしょうか。

浄水器モデルのエブリィフレシャスは、定額プランやで浄水カートリッジ無料交換など、魅力的なサービスで人気が高まっています。

この記事では、今話題の浄水器型のウォーターサーバー、エブリィフレシャスについて紹介します。基本情報から、特徴からメリット・デメリットを詳しく説明していきます。

目次

エブリフレシャスの基本情報について

引用元:エブリィフレシャス
会社富士山の銘水株式会社        
対応エリア全国
水の種類浄水器
温度の種類温水・常温水・冷水
設置タイプ床置き・卓上
初期費用0円
月額料金(税込)・3300円 or 3,850円 ・保障優待パック:550円(任意)
配送料無料
解約金/違約金(税込)9,900円~16,500円         
電気代/月額約400円前後
キャンペーン確認はこちら

エブリィフレシャス」は、富士山の銘水株式会社が提供する水道水浄水型ウォーターサーバーです。

初期費用やメンテナンス料が一切かからず、月々のレンタル代だけで手軽に利用できます。

水道水をタンクに注ぐだけで、冷水・温水が使い放題。月額料金は3,300円~で、使用量を気にせずたっぷり使えます。

おしゃれで省スペースなデザインで、卓上型の「mini」から床置き型の「tall」、コーヒー機能の付いた「tall+cafe」があります。

エブリィフレシャスの専用カートリッジは、家庭用品品質表示法で定められた対象12物質を含む23物質を除去します。

定期配送サービスにより、カートリッジは無料でご自宅にお届け。毎日新鮮で安全な美味しい水を飲むことができます。

\話題沸騰中のウォーターサーバー/
every frecious(エブリィフレシャス)

サーバーの種類

ミニ(mini)

カラー・マットホワイト ・マットブラック
サーバーレンタル(税込)3,300円
水の容量3.3L
総ろ過水量750L(1日換算約3.3L)
機能・チャイルドロック ・省エネ ・自動クリーニング機能

キッチンやリビングのちょっとした隙間に置くことができます。水タンクの容量も5Lと一人暮らしには申し分ありません。

トール(tall)

カラー・マットホワイト ・マットブラック
サーバーレンタル(税込)3,300円
水の容量5,7L
総ろ過水量750L(1日換算約3.3L)
機能・チャイルドロック ・省エネ ・自動クリーニング機能

フレシャスの宅配水モデル「デュオ」を継承した、スタイリッシュで機能性豊かなサーバーです。ミニにはない常温水・再加熱機能が加わっています。

トール+カフェ(tall+cafe)

カラーマットブラック
サーバーレンタル(税込)3,850円
水の容量5,7L
総ろ過水量750L(1日換算約3.3L)
機能・チャイルドロック ・省エネ ・自動クリーニング機能

トール+カフェは、お湯を沸かす手間が一切不要です。湯量を選んでボタンを押すだけで、自動でドリップが始まります。手間をかけずに美味しいコーヒーを楽しめます。

エブリフレシャスのメリット・デメリットとは?

エブリィフレシャス は魅力がつまったウォーターサーバーです。 気になっている方も多いと思います。

メリット・デメリットを紹介するので、利用する際のヒントにしてみてください。

メリット   

エブリィフレシャスに関するメリットを解説します。

月額料金が3,300円で水代を気にせず飲める

エブリィフレシャスの料金プランは、月額3,300円(税込)からの定額制。この料金には、サーバーレンタル料、浄水カートリッジ代、配送料が全て含まれています。

いくら飲んでも追加料金は一切かかりませんし、一人暮らしの人にとって「ノルマを気にせず飲める」のもうれしいメリットではないでしょうか。

除去物質数23種類の浄水性能

浄水フィルターは、23種類もの物質を除去する高い浄水能力を誇ります。

浄水ウォーターサーバーの中で、除去対象物質がトップクラスです。フィルターカートリッジは7ヶ月半に1回無料で送られてくるため、毎日新鮮な水を飲むことができます。

コーヒー機能を搭載しているサーバーがある

浄水型ウォーターサーバーに、コーヒーの抽出もできるカフェ機能が搭載されているタイプも提供しています。ドリップポッドや粉末タイプのコーヒーにも対応しているので、好みに合わせて使用することができます。

通常のトールの値段にプラス500円だけで、この機能が付いてきます。コーヒー好きにはたまらないのではないでしょうか。

省エネ機能で電気代が安い

宅配型のウォーターサーバーより電気代が安いです。

  • トール(床置き/卓上):約360円/月
  • ミニ:約410円/月

エコモードや使用環境により一概に比較はできませんが、一般的にウォーターサーバーの電気代は500円~800円が平均的なので、かなり安くなっていると思います。

デメリット  

エブリィフレシャスで気になったデメリットは以下の通りです。

水量が制限されている 

エブリィフレシャスのフィルターは1本で最大で約750Lのろ過が可能。1日の推奨使用量は3.3Lなので、何も考えずに利用するとあっという間に制限に達する可能性があります。

飲料水として利用するのであれば問題ありませんが、料理などで大量に使用するには少し物足りない容量かもしれません。

ミニは常温水が使えない

エブリィフレシャスミニは冷水・温水のみで常温水は出水できません。常温水を飲んで健康を維持している方にとってはマイナスだと思います。

一方トールとトールカフェは常温水が使えるので、常温水が希望の方はサーバー選びでよく検討してください。

契約期間内は解約金がかかる

エブリィフレシャスを解約する際の費用は、以下の通りです。

  • 1年未満で解約された場合は22,000円(税込)
  • 1年経過後2年未満で解約された場合は16,500円(税込)
  • 2年経過後3年未満で解約された場合は11,000円(税込)

毎月のレンタルの何倍も高い解約金となるので、契約する前はじっくり検討してください。

エブリィフレシャスのおすすめポイント

エブリィフレシャスは、シンプルな操作性と多彩な機能を兼ね備えた、使い勝手抜群のウォーターサーバーです。

ウォーターサーバーって、何かと大変です。毎月ノルマの水が送られてきたり、飲み干したボトルの処理をしたりなど、いろいろしなければいけません。

エブリィフレシャスなら、月額3.300円から浄水された美味しい水が飲み放題です。そして、常温水も飲める仕様となっています。

スーパーやコンビニでペットボトルを買う手間やお金を考えれば、ライフスタイルにとってプラスになるでしょう。

毎日の暮らしをもっとラクに、もっと快適にしたい方におすすめです。

 お得なキャンペーン情報について

エブリフレシャスでは期間限定でキャンペーンが行われています。お得なときに契約するのがベストでしょう。最新のキャンペーン情報につきましては、こちらで確認することをおすすめします。

新規契約や、他社サーバーからの乗り換えを検討しているときは、このようなキャンペーンは常にチェックしましょう。

\話題沸騰中のウォーターサーバー/
every frecious(エブリィフレシャス)

 申し込み手順         

公式サイトから「お申込みはこちら」をクリック。

サーバーを選ぶ

「ミニ」「トール」「トール+カフェ」の中から選択し。お好きなカラーを選んでください。次にお申し込みはこちらをクリック。

基本情報を入力

必要事項を入力し、「次へ(配送情報)」をクリックします。

配送情報入力

「住所情報」「初回の配送」を設定して「次へ(決済情報)」をクリック。最後にクレジットカード情報を入力します。そして「内容を確認する」をクリック。

最終確認

確認後申し込みが完了です。あとは商品が届くまで心待ちにしていてください。

まとめ

エブリフレシャスは、高性能で使いやすいウォーターサーバーです。

所詮浄水器だろうと思って使用すると、良い意味で裏切られます。高性能のフィルターのおかげで、宅配型の水となんら遜色がありません。

必要最低限のスペースでウォーターサーバーを設置できるので、特に一人暮らしの方からは重宝されるでしょう。

お手頃な価格で高品質な水を手軽に飲みたいのであれば、エブリフレシャスはおすすめです。

\話題沸騰中のウォーターサーバー/
every frecious(エブリィフレシャス)
目次